suda_masaki-004.jpg

菅田将暉『第27回 橋田賞』を受賞

俳優の菅田将暉が『第27回 橋田賞』を受賞し、5月10日に行われた授賞式に出席した。

菅田は、ドラマ『トドメの接吻(日本テレビ系)』、『dele(テレビ朝日)』等において、才気に溢れた演技が評価され、同賞を受賞した。

suda_masaki-001.jpg
suda_masaki-002.jpg

「若手俳優が分からない」と話す「橋田文化財団」の理事を務める橋田壽賀子さんに対し、菅田が「ちなみに僕はどうですか?」と尋ねてみると、橋田さんは「若手の方が分からないです。すみません(笑)」とバッサリ。

菅田は「お芝居を初めて10年になりまして、個人的にはせわしく過ごしたつもりで、ちょっと疲れたなと腑抜けたことを思っていたんですけど、僕のことは知らなかったので、まだぜんぜん自分なんて生まれたてだと思いました」と気持ちを新たに。さらに「こうして、俳優人生が続いていくんだなと思います」と目を輝かせた。

suda_masaki-003.jpg
suda_masaki-005.jpg

『橋田賞』とは

hasidashou-005.jpg

優れたテレビ作品や俳優などに贈る『橋田賞』は、橋田壽賀子さんが理事を務める「橋田文化財団」によって1993年に創設された賞。今年で27回目を迎える同賞には、連続テレビ小説「まんぷく」の松坂慶子、「警視庁捜査一課長」「科捜研の女」の内藤剛志のほか、岡田将生、菅田将暉、橋田賞新人賞には永野芽郁が輝いた。

橋田賞
山田洋次(テレビドラマ「あにいもうと」などの脚本に対して)
松坂慶子(大河ドラマ「西郷どん」、NHK連続テレビ小説「まんぷく」での演技に対して)
内藤剛志(テレビドラマ「警視庁捜査一課長」「科捜研の女」シリーズなどでの演技に対して)
大泉洋(テレビドラマ「あにいもうと」での演技に対して)
宮崎あおい(テレビドラマ「あにいもうと」での演技に対して)
岡田将生(テレビドラマ「昭和元禄落語心中」での演技に対して)
菅田将暉(テレビドラマ「トドメの接吻」「dele」での演技に対して)
安住紳一郎(長年にわたりバラエティや報道番組で活躍してきた功績に対して)

橋田賞新人賞
永野芽郁(NHK連続テレビ小説「半分、青い。」での演技に対して)

平成30年度橋田賞新人脚本賞 入選作:「蜘蛛の糸」いとう菜のは
佳作:「52歳のエレジー」三谷武史



発信地・日本



関連記事

Dessartを友達に追加すると、特集記事が届くよ

友だち追加