IMG_1952-2.jpg

岩田剛典、高畑充希ら豪華キャスト登壇<町田くんの世界>

6月7日に公開する映画「町田くんの世界」のジャパンプレミアが、5月7日に都内・有楽町マリオンにて開催。W主演を務める細田佳央太、関水渚の他、岩田剛典、高畑充希、太賀、池松壮亮、北村有起哉、石井裕也監督が舞台挨拶に登壇した。

岩田剛典、大遅刻でスライディング土下座

会場に登場した出演者らは、それぞれ一言挨拶。主演を務めた細田は「ゴールデンウィーク明けの忙しいなか、ありがとうございます。緊張していますが、精一杯頑張ります」、もう一方の主演を務めた関水は「初めての舞台挨拶で、とても緊張しているのですが、皆様と一緒に楽しみたいと思います」とコメントした。

IMG_1958.jpg
IMG_1947.jpg

また、高畑は「悲しいとか楽しいとか、言葉でうまく説明できない感情が湧いてきて、気持ちが忙しかったです。今から観てくれる皆さんはどういう感じ方をするのかなって、興味があります」と回顧。

この日は怪我のため欠席した前田敦子と、友人役で共演した関水は「休憩時間に、『私、日焼けしやすいんです』という話をしていたら、前田さんが日焼け止めを持ってきてくださって。すごく嬉しくって、今でも袋をとって保管してます」とエピソードを披露した。

IMG_1991.jpg

岩田は、主演の2人について「監督から、2人をとにかくメチャクチャにしてくれと、違う意味でのプレッシャーをかけられていました(笑)」と暴露。

監督から同様のことを言われていたという高畑は「発破かけられてたんですけど、2人を見ているのが楽しかったです。現場でも見ていたかったし、映画でも早く見たかったですね」と話した。

IMG_1984.jpg
IMG_1982.jpg

主役がほぼ演技経験ゼロの新人であることから、出演者らが新人時代を振り返る場面では、岩田が「初めて出演させていただいた舞台のゲネプロの日に、大遅刻しちゃったことがあって。そのまま、ゲネプロの舞台にスライディング土下座しましたね。それで笑いが起きて、雰囲気的にOKみたいな感じになってんですけど、その日は生きてる心地がしなかった。だから、そんなことは無いと思うけど、遅刻とか、本当にだめだと思います」と細田・関水にアドバイス。

さらに高畑は「沖縄ロケで食べすぎて、ファーストシーンとラストシーンが繋がらないということがありました。食べすぎて顔が満月になって...。ドラマって、順番通りに撮影しないので、扉を開けたら太って、締めたら痩せてみたいな(笑)。ひどすぎました、本当に。人が変わったみたいな」と明かすと、会場に笑いが起こった。

IMG_2002.jpg

様々なテーマでトークが繰り広げられる中、自分にとっての『恩人』を挙げる場面では、岩田は「たくさんいますけど、やっぱりEXILEのHIROさんですよね。人生を変えてくれた恩人です」と回答。その後、高畑は「選べません。たくさんいますし。1人を言っちゃうとなんか...。あ、岩ちゃん1人言ってたね(笑)」と笑い、岩田は「おれはたくさんいるけど、あえて言ったよ」と答えていた。

IMG_2041.jpg

映画「町田くんの世界」
6月7日(金)全国公開 配給:ワーナー・ブラザーズ映画
©安藤ゆき/集英社 ©2019 映画「町田くんの世界」製作委員会

ギャラリー

IMG_1964.jpg
IMG_2024.jpg
IMG_2027.jpg


発信地・日本



関連記事

Dessartを友達に追加すると、特集記事が届くよ

友だち追加