utisitu_2-005.jpg

永瀬廉・神宮寺勇太・清原翔が豪華パーティーでサプライズ

King & Princeの永瀬廉、神宮寺勇太、モデルの清原翔が出演する、映画「うちの執事が言うことには(角川文庫刊)」が、5月17日より全国で放映される。

これを記念したパーティーが5月7日に都内の会場で行われ、永瀬、清原、神宮寺の3名が出席。豪華な会場で、映画にまつわるミステリートークを展開した。

oresitu-006.jpg
<清原翔>

ハグに緊張?撮影シーンを振り返る

公開記念パーティーには、100名の招待客が参加。永瀬、清原、神宮寺の3人に出迎えられながら会場に入場した。3人から手渡しでチラシを受け取った招待客の中には、嬉しそうに口を手で抑えながら、喜びを噛み締めていた。招待客たちが着くテーブルの合間を縫うように、3人が再度登場すると会場がざわめいた。

名門・烏丸家第27代当主で、頭脳明晰、色彩に特別な感知能力を持つ烏丸花穎を演じる永瀬は、上流階級が舞台となっていることについて「普段僕らが過ごしているような生活とは、かけ離れた生活ばかりです。それこそ執事がいたりとか...。それぐらいの非日常的な生活を演じられるのが嬉しかったし、人生初のリムジン羨ましいなと思いましたね。忠実に再現できたので、その世界観を楽しんでいただきたい」とコメント。

主人公・烏丸花穎の執事・衣更月蒼馬を務める若手俳優の清原は役柄について「映像とかドラマとかで見たことしか無かったですし、どう演じればいいんだろうというのがあった。撮影で大変そうだなと思って、実際に大変でした」と語った。

作中で執事と主人という関係だが、清原は「撮影の裏でもワガママですし、僕の横にたまたま廉の水が置いてあったんですよ。そしたら『ちょっと取ってくれへん』みたいな(笑)。なんで撮影の合間に俺が...」と吐露すると、永瀬は「それはすみません!」と平謝りしていた。

utisitu_2-006.jpg

一方で、大学生でありながら企業家、パティスリー「アントルメ・アカメ」のオーナー、赤目刻弥を演じる神宮寺は「僕の登場シーンにパーティー会場があるんですけど、そこの光景が忘れられない。結婚式場ってきれいだよね」と撮影を回顧。

また神宮寺と清原は、撮影中に『食べたいものしりとり』を楽しんでいたと振り返った。司会から食べたいものを聞かれると、神宮寺は「卵かけごはん」と思わず、『ん』を付けてしまうミス。清原が「びっくりだよねTKGは」、永瀬が「めちゃくちゃ弱い」とツッコむと、神宮寺は「あえてですよ」とおどけてみせていた。

そのほか、作中で抱き合うシーンがある神宮寺と永瀬。神宮寺は「ハグが1番緊張しました」と告白すると、永瀬は「なんかめっちゃ照れてるんですよ」と笑みを浮かべていた。

utisitu_2-007.jpg

『うちの執事が言うことには』5月17日(金)全国ロードショー
配給:東映
©2019「うちの執事が言うことには」製作委員会



発信地・日本



関連記事

Dessartを友達に追加すると、特集記事が届くよ

友だち追加