ikuta_erika-034.jpg

生田絵梨花、菊田一夫演劇賞を受賞

『第四十四回 菊田一夫演劇賞』の授賞式が4月26日、都内の会場で開催。乃木坂46の生田絵梨花が菊田一夫演劇賞を受賞し、式典に出席した。

「令和時代はバトンを引き継ぐ」

ミュージカル『モーツァルト!』では妻のコンスタンツェを、『ナターシャ・ピエール・アンド・ザ・グレート・コメット・オブ・1812』ではナターシャを演じた生田。同ミュージカルでの演技が評価され、同賞の受賞に至った。

薄紅色の大花柄のドレスで授賞式に登壇した生田は「まだまだ自身が無いとか至らないとか山積みなんですけども、きっとこのタイミングで偉大な先人からの贈り物を頂いことには大きな意味があるんじゃないかなと思います」とコメント。続けて「新しい時代に向けて頑張っていってくれよというエールなんじゃないかなと思います」と前向きに語った。

ikuta_erika-009.jpg
ikuta_erika-031.jpg

さらに「エネルギーとか熱とか愛とかを感じ取りながら地に足をつけながら私も何か発していけるように頑張って行きたい」と意気込み、「令和の時代はそのバトンを引き継いで、少しでも貢献して達成できたらなと思っています」と決意を新たにしていた。

ikuta_erika-032.jpg
ikuta_erika-024.jpg

オン・オフの切り替えについては「そこの現場にいる人と喋ったら自然とオンになります。一人で塞ぎ込まないようにしています」と明かした。

また、乃木坂46のメンバーからは「『おめでとう』って言ってくれました」と振り返り、「マネージャーさんは、遠くに行っちゃうみたいだから辛いものとか罰ゲームまたしなきゃねって」と笑みを浮かべていた。

ikuta_erika-033.jpg
ikuta_erika-004.jpg

●ギャラリー

ikuta_erika-029.jpg
ikuta_erika-023.jpg
ikuta_erika-015.jpg
ikuta_erika-003.jpg
ikuta_erika-028.jpg
ikuta_erika-013.jpg


発信地・日本



関連記事

Dessartを友達に追加すると、特集記事が届くよ

友だち追加