IMG_7953.jpg

『凪待ち』完成報告会見に香取慎吾ら登壇

香取慎吾が主演を務める映画『凪待ち』の完成報告会見が4月23日に都内で行われた。会見には香取のほか、恒松祐里、リリー・フランキー、吉澤健、白石和彌監督が出席した。

香取慎吾、自分の中の狂気が出たと明かす

登場したキャスト陣は、それぞれ一言ずつ挨拶。香取は「公開をすごく嬉しく思っています。ひとりでも多くの方に観ていただきたいです」、リリーは「慎吾ちゃんが色っぽくて、一緒にいてドキドキするような撮影でした。ぜひ観てくださいといえるような映画になっていると思います」、白石監督は「香取さんが早くみんなに観てもらいたいって言っていて、僕も同じ気持ちです。誰も見たことのない香取慎吾さんがいると思います」と話した。

IMG_7943.jpg

また、恒松が「香取さんは、私のなかでスター的な存在だったので嬉しかったです。白石監督の作品もずっと観ていたので、お二人のタッグに入らせていただけることが光栄で、郁男じゃない期間は、やさしいお兄ちゃん的な存在で、素敵な方でした」と言うと、香取は「いいですね。もっと言ってください」と大きく頷いた。

IMG_7945.jpg

撮影に向けて心掛けたことを聞かれた香取は「基本的に事前の準備は一切しません。その時の僕が出来る一番をするしかないって思ってるので」ときっぱり。続けてアクションシーンについて「アクションは血だらけでしたが、全然大丈夫です。仕方がないんで」と激しい撮影であったことを明かした。

香取が演じる郁男は、「あるきっかけをもとに"墜ちるところまで堕ちきった男"」という役どころ。演じた感想について「辛かったですね。人の優しさがこんなに痛いものなんだと思った撮影期間でした。周りの自分以外の役の人間から優しい言葉をかけられればかけられるほど、ふがいなさを感じる。そんな時間でした」と語った。

さらに「あまり観たことがない香取慎吾が見れるかもしれないんですけど、人はだれでも狂気の部分っていうのは持っていると思うんですよね。白石監督が作るそういう部分は好きだったので、すごく好きな部分をやっと出来たって思っています」と打ち明けると、報道陣から「自分の中の狂気が出たという思いはあるか」と質問が。香取は「ありますね。それが、今このタイミングっていうのは自分にとってありがたいと思っています」と吐露した。

IMG_7964.jpg
IMG_8009.jpg

そのほか、撮影現場の雰囲気に関しては「そんなに撮影現場を楽しいと思うほうじゃないんですけど、楽しかったです」と笑顔。白石監督について「白石監督を見ているのが、監督が監督をしている現場が楽しかったです。役柄としては辛かったですね」と、演じた感想を語った際の「辛かった」という発言は役柄に対してのものだと強調した。

最後に香取は「ずっとこの映画の公開を待ってました。今の石巻と、郁男っていう再生しなければならなくなった人間の姿が描かれています。いつでも誰でも前向きになれるわけじゃないですが、でもなんとか前を向いて生きていかなきゃいけないんです。この映画を観た人が、少しでも前を向いてくれたらいいなと思っています」とメッセージを送った。

IMG_7972.jpg

ギャラリー

IMG_7927.jpg
IMG_7931.jpg
IMG_7934.jpg
IMG_7942.jpg
IMG_7950.jpg
IMG_7944.jpg
IMG_7946.jpg
IMG_7947.jpg
IMG_7948.jpg
IMG_7956.jpg
IMG_8031.jpg
IMG_7963.jpg
IMG_8055.jpg


発信地・日本



関連記事

Dessartを友達に追加すると、特集記事が届くよ

友だち追加