yoiko-8.jpg

『良い子はみんなご褒美がもらえる』初日前会見に堤、A.B.C-Z橋本ら出席

俳優とオーケストラのための戯曲『良い子はみんなご褒美がもらえる』がTBS赤坂ACTシアターにて4月20日から開幕。上演に先駆けて19日に初日前会見が行われ、堤真一、A.B.C-Zの橋本良亮、小手伸也、シム・ウンギョン、外山誠二、斉藤由貴、演出を手がけるウィル・タケット氏が出席した。

同作は、英国劇作家の巨匠トム・ストッパードが、俳優とオーケストラのために書き下ろした作品。オーケストラがBGMや伴奏をする影の存在ではなく、劇中に登場することも特徴となっている。

橋本 堤の激励に号泣

舞台上の35人のオーケストラとともに作り上げる同作。『自分はオーケストラを連れている』という妄想に囚われた男役を演じる橋本は「劇中では僕だけが見えるオーケストラなんですけど、実際は舞台上にいるので、お客さんには見えてるんですよ。難しい役をやらせてもらっているので、毎日考えてます」と苦労を明かした。さらに「最初にオーケストラとの稽古は3日間って言われたんですよ。でも実際は2回しかなくて。3回って聞いたのに2日間しかなかったんですよ!(笑)焦りました」と回顧した。

演出のウィルについて堤は「よくしゃべる(笑)ずっとしゃべって稽古場を和ませてくれるし、芝居の部分でもすごく細かく根気よくつきあってやっていただいて。こういう経験は橋本くんなんかは特に若いから、こういう演出家に出会うことはまずないんで。こんなに丁寧にやってくれるとはびっくりしました」と告白。橋本は「言葉の壁が難しくて。ウィルさんの世界観の中にどうやって入っていけばいいのかとか、英語と日本語だと感情のやりとりがわからないから。でも信じてくれて、最後まで引っ張ってくれました」と笑顔を見せた。

yoiko-5.jpg
yoiko-6.jpg

舞台では初の共演となる橋本と堤。お互いの印象を聞かれると堤は「映画で2月に撮影してたやつで一緒で、舞台やるってわかって一緒に飲んで。『難しい役で大変だけどがんばれよ』って言ったらなんか泣き出して(笑)」と暴露した。それを聞いた橋本は「やめてよ!」と叫び、焦り顔。

さらに堤は「同じホテルに泊まってて。コンビニ寄ってエレベーター乗ってホテル帰ったら前をこいつが歩いてるんですよ。で、じゃあなって言ったらそのまま俺の部屋入ってきて、『がんばりますから、がんばりますから』って(笑)まだ飲むんかなって思ったら急に『帰ります』って。こいつ大丈夫かな〜って思いました(笑)」と当時の具体的なエピソードを明かした。それを受けて橋本は「ご心配おかけしました(笑)この心配をどれだけ舞台で巻き返せるかですね」と意気込んだ。

yoiko-7.jpg

橋本は堤の印象について「すごい優しい方で。台詞どうやって覚えてんのかなって。稽古の真ん中くらいまで本持ってたのにその次の日にぱって離してたからびっくりしちゃって」とコメント。

堤が「台詞はもう入ってたんだけど、あれ持ってないと不安やから。老眼やから実は見えないんだけど(笑)」と明かすと橋本は「お守りみたいになってるじゃないですか(笑)」とツッコんだ。最後に橋本は「尊敬してます」と締め、堤に敬意を見せていた。

yoiko-10.jpg

●ギャラリー

yoiko-9.jpg
yoiko-1.jpg
yoiko-2.jpg
yoiko-3.jpg
yoiko-4.jpg


発信地・日本



関連記事

Dessartを友達に追加すると、特集記事が届くよ

友だち追加