DSC_5408.jpg

『居眠り磐音』プレミアムイベント開催 松坂桃李らが出席

佐伯泰英さんの時代小説を原作とする『居眠り磐音』が5月17日に公開。公開に先駆けて4月4日に都内の劇場でプレミアイベントが行われ、松坂桃李、木村文乃、芳根京子、柄本佑、杉野遥亮、西村まさ彦、中村梅雀、柄本明、本木克英監督、佐伯泰英さんが出席した。

※記事初出時に 木村佳乃 様と記載しておりましたが、正しくは 木村文乃 様でした。ご関係者・ファンのみなさまに慎んで訂正申し上げます。

松坂桃李と木村文乃 5度目の共演で息ぴったり「全く心配ない関係性」

同作で初の時代劇主演となる松坂は、主人公磐音について「武士のイメージは男たるものっていうような強いイメージがあったんですけど。磐音の場合は肩の力が抜けてたり、周りに流されやすかったり翻弄されやすいんです。でもいざ自分の正義を貫かなければいけない場面では武士になるというか。ギャップがあって、本来持っていた武士のイメージとは違うものでしたね」と回顧。

続けて苦労した点については、同作の台詞にある『まるで眠っているような構え』だと話し「難しいな、と思って。そういう風に見えなくもないなって物を殺陣師の方と研究して。その構えだからこそ出来る動きだったり、確かに理にかなってるなって動きを研究して作り上げたのが大変でもあり楽しかったですね」と振り返った。

DSC_5377.jpg
DSC_5383.jpg

同作で木村は、松坂と5度目の共演となる。松坂の印象を「今まで見てきたどの松坂さんよりも凛としてるっていうのが強いですね。これだけ豪華なキャストさんを背負っての真ん中だから、いつもより気持ちも重いのかなと思って、背中をただ見てました」とコメント。松坂は「5度目の共演ってものすごい多いですね(笑)」と驚きつつ「お互いの呼吸みたいなものだったりとか磐音達2人の関係性は今後も続いてくんだろうなって思わせなければいけない空気感を出したりすることとかは、全く心配ない関係性でしたね」と明かした。

松坂の印象を聞かれた芳根は「私2日間くらいしか一緒じゃなくて。爪が大きいですねって話をした記憶があります。それが一番想い出です(笑)」と告白。松坂は「もっと想い出作りたかったですね(笑)」と話し、会場を笑わせていた。

DSC_5348.jpg
DSC_5351.jpg

松坂と柄本佑の幼馴染役を演じた杉野は苦労した点を「幼馴染って関係性をどうすればいいのかなって不安に思うことであって。柄本さんと初めて殺陣の稽古をしたときに、すごく包み込んでくれる方だなって思って。松坂さんは先輩で優しさは知っているので(笑)」と回答。それを聞いた松坂は「割愛します、みたいな(笑)なんか雑だな(笑)」とツッコんでいた。

同イベントでは、原作者の佐伯泰英さんが登場するサプライズも。佐伯さんは麻薬取締法違反の罪で起訴され、降板したピエール瀧被告のことを受けて「あの日以来、本来必要でなかった膨大な作業にスタッフの皆さんは今も費やされています。。1人の反社会的な行動によって制作が頓挫しかけましたが、スタッフ一同が再結束し、この難関を乗り越えてこの映画への完成へと力を振り絞る姿を見て、必ず良い作品に仕上がると確信しています」とコメントした。さらに観客に向けて「勇気ある決断とスタッフの再挑戦を全面に支持する考えです。どうか劇場でご覧になってください」と呼びかけると、客席からは大きな拍手が起こった。

本木監督は「勇気100倍です。スタッフ、キャスト合わせて作品を更にアップグレードすべく頑張りたいと思います」と宣言。また、「この1件の直後に何人もの俳優さんたちが自分でよければやるよと言ってくださったことにこの場を借りて感謝したいと思います」と感謝を述べた。

DSC_5399.jpg
DSC_5353.jpg

最後には司会から、佐伯さんの書き下ろした小説を収録した『居眠り磐音劇場版』が数量限定で来場者に配られることが発表された。それを聞いた松坂が「エピソード0ですか?」と質問すると、佐伯さんは「君の演技を見たときに、ふっと浮かんだの。短編を君に捧げます」とにっこり。松坂は「楽しみです!」と喜びをあらわにし、会場からも大きな拍手が起こった。

DSC_5422.jpg

●ギャラリー

DSC_5349.jpg
DSC_5355.jpg
DSC_5358.jpg
DSC_5362.jpg
DSC_5367.jpg
DSC_5391.jpg
DSC_5375.jpg
DSC_5361.jpg


発信地・日本



関連記事

Dessartを友達に追加すると、特集記事が届くよ

友だち追加