takayama_kazumi-013.jpg

高山一実セカンド写真集『独白』発売記念イベントに登場

乃木坂46メンバー初の小説家デビューを果たし、処女作『トラペジウム』が20万部を突破するベストセラーとなった高山一実が、2月26日にセカンド写真集『高山一実写真集 独白(徳間書店)』を発売した。

27日には記念イベントも開催され、高山が報道陣の取材に応じた。

高山一実「乃木坂入って1番体型を絞りました」ハプニングにも「大丈夫」

同写真集は、高山が憧れの国と話す北欧フィンランド・ヘルシンキがメインロケーション。図書館やトラム(路面電車)ではしゃいだり、老夫婦バーで盛り上がったりなど素の表情の高山が収録されている。

高山は写真集について「すべてが詰まってます。ずっとフィンランドに行きたいという憧れがあって、仕事で行けたら嬉しいなと言う思いはありつつ」と切り出し、「一生の内に1回行けたらいいなと思ってたんです。仕事で行くことができて沢山のプロフェッショナルな方に支えてもらって、楽しい思い出として宝物」と笑顔を見せた。

takayama_kazumi-015.jpg

自身のファースト写真集『恋かもしれない』では、千葉県南房総市を中心に撮影。その当時からヘルシンキに行きたいと話していたことから、「千葉は大好きなんですけど、海外旅行も大好きなんですよ。なので別のラブなんですね。ヘルシンキにはずっと恋していて、千葉は家族愛みたいな感じだったので、今回は恋が実ったって感じです」と説明。

ヘルシンキに訪れたかった理由を聞かれると「本屋さんでグラビア撮影したんです。本は好きだったんですけれども、執筆もしてなかったんですけど、カメラマンさんから『近くの本を手にとってください』って言われて、たまたま手にした本が、ヘルシンキの雑貨屋さんの本だったんです。そこでヘルシンキって素敵な街だったって知って、その本をいただいて、家で読んでから好きが募りましたね」と明かした。

実際に行ってみた感想については「事前にグーグルマップとかヤフーとか色んな検索エンジンさんで調べさせていただいて、それだけでも幸せだなと思ってたんですけど、(ヘルシンキに)着いた瞬間に、切り取る場所、切り取る場所全てが素敵なんだと思って、地球は丸くて繋がっているはずなのに、日本の空とは違う気がしました」と語り、「一番嬉しかったのは、ホテルから横断歩道を渡られるフィンランドの団体さんがいらっしゃったんですけども、日本は青信号が点滅したら走るじゃないですか。フィンランドのみなさんって走らずにその場で立ち止まって次の赤を待ったんですよ。その時に色んな感情がこみ上げてきて、行ってよかったなと思いました」と話した。

takayama_kazumi-007.jpg
takayama_kazumi-021.jpg

フィンランドでは、毎食サーモンを食べたと打ち明け、「海鮮が美味しかったんですね。サーモンはどの店でも食べたいと思うぐらい美味しかった。日本だと生が出てくるイメージなんですけど、向こうだと焼かれたやつが出てくるんです。生のスモークサーモンを食べたいなと思いながら、スモークサーモンって言い続けて、スモークサーモンってイコール焼かれてるやつなのかなと思って確認したら、スモークサーモンっていうと、向こうでは焼かれたサーモンが出てきますし、生のサーモンって言わないと、生のサーモンが出てこないよって教えていただいた」とエピソードを披露した。

1番の思い出を尋ねられると「ポラロイドを使って風景を撮ってる私なんですけど、この風景が忘れられません。私を中心として1週回ると、こっち側がヴォルボーという観光名所でパステルカラーの建物があって凄くかわいいんです。その反対側は調べても出てこなくて、行ってみたら驚きました。こんなに日本から離れているのに、少しだけ千葉を思い出す。第二の故郷かなとかってに思ってしまって、忘れられません」と千葉愛を炸裂。具体的にどのへんが千葉なのか追求してみると「うちの家の1番近くのセブンイレブンさんから、自転車で30分ぐらいかけたところの景色に似ています」と熱弁し、周囲を笑わせていた。

takayama_kazumi-024.jpg

中でに1番お気に入りのカットが2つあるとのことで、「フィンランドの方は優しくて、目が合うと微笑んでくださるんですけど、フィンランドの動物には嫌われまくってしまって、鳩も沢山逃げていくし、犬も全然こっち向いてくれなくて、悲しい表情をしています」と紹介。もう1つは「大人っぽいショットなんですけど、バスタオルで湖に出ている写真です。サウナから10歩あるくと、この湖なんですけど、普段も住民の方が使ってらっしゃるサウナをお借りしました。この前後にサウナに入ってるので、リアルな装備です」と解説した。

そんなサウナには毎日入ったとのことで「元々サウナが大好きなので、日本帰っても行きたいなと思いまして、探して行ったりしました。フィンランド行ってから女子3人でずっとサウナに入って、未来について話してましたね。サウナってすごい長居できる場所じゃないじゃないですか、だけど何も無い空間だから自然と口が開いちゃう場だと思っていて、サウナでしかしゃべれない話もよくするんです。その瞬間の表情を切り取って頂いてるので、自分でも嬉しいです」と持論を展開した。

takayama_kazumi-027.jpg
takayama_kazumi-028.jpg

そんな湖でのセクシーショットもある同写真集。プロポーションにも気をつけたと話し「乃木坂入って1番体型を絞りました。1週間に1回姿勢矯正に行くようにして、色んなメンバーに教えてもらって、行きの飛行機で人生初のものもらいを貰って最悪でした。こんなに体作って、ニキビとかも気をつけたはずなのに、目にものもらいもらうんだろうーと思って泣きそうだったんですけど、『大きくなるなよー』って思ってたら大きくならなくて、大丈夫だと思います」

写真集について自己採点してもらうと「おこがましいな〜おこがましい、おこがましいからなー、うんー、そー、やー、そうだな、本当に自分のできるベストを尽くしたと思うんです。自分が知ってる一番大きい数字は『京』なので、おこがましいからやっぱり100点」とコメント。「すみません。本当に思い切りが足りないのが悪いところだと思うんですけど、す...す...数字で表わすのが難しいですね。国数を使って表したいと思います。この嬉しさを文章でも伝えていきたいです」と照れ笑いしていた。

takayama_kazumi-017.jpg

●ギャラリー

DMA-000046500011.jpg
DMA-L1002525.jpg
DMA-L1003031.jpg
<『高山一実写真集 独白(徳間書店)撮影:嶌村吉祥丸』>

カバーA_通常版版.jpg
カバーB_TSUTAYA版.jpg
カバーC_セブンネット版.jpg
<『高山一実写真集 独白(徳間書店)撮影:嶌村吉祥丸』>

DMA-L1004013.jpg
DMA-L1004263.jpg
<『高山一実写真集 独白(徳間書店)撮影:嶌村吉祥丸』>

DMA-L1002478.jpg
<『高山一実写真集 独白(徳間書店)撮影:嶌村吉祥丸』>

dma-kis446.jpg
dma-kis480.jpg
<『高山一実写真集 独白(徳間書店)撮影:嶌村吉祥丸』>

発信地・日本



関連記事

Dessartを友達に追加すると、特集記事が届くよ

友だち追加