keyakizaka46-013.jpg

欅坂46『黒い羊』撮影エピソードを語る

イオングループが展開する『U-25 新生活キャンペーン』のキャンペーンキャラクターに欅坂46が就任し、メンバーの小林由依、菅井友香、土生瑞穂が2月25日、都内で行われたイベントに出席。

欅坂46が2月27日に発売予定の8thシングル『黒い羊』にの撮影やその衣装についてトークを繰り広げた。

衣装に菅井が衝撃

『黒い羊』を初めて聞いた時の感想について菅井は「イントロのピアノから心が引き込まれて、ミュージシャンビデオの主人公の僕が、社会に出て他人とどう向き合うかっていうのを、現実世界に寄せた一人ひとりが、リアルな設定で挑戦しました」と振り返り、「今まで以上に表現が大切になって、今まで1番みんなが泣いた撮影でした」と明かした。

小林は「『黒い羊』の意味が、のけものとか、やっかいものという意味があるんですけど、黒い羊が最後には強い意志をもって白い羊たちに自分の意見をわかってもらおうとするところがある。ダンスで白い羊と対面して踊った末に分かりあって、抱き合う場面があるんですけど、抱き合う部分で人間の強い部分や弱い部分がわかる」と解説した。

土生は「2人が全部言っちゃった(笑)」と笑みを浮かべ、「パフォーマンスを楽しんでほしい。カップリング映像とか特典映像が詰め込まれているのでぜひチェックして欲しいです」とアピールした。

keyakizaka46-026.jpg
keyakizaka46-025.jpg

また、この日は同シングルの衣装に着替えて再登場。衣装のポイントについて聞かれた土生は「年長組と年少組でデザインが少し違くて、ここまでこだわってくださってるんだなと」と明かし、小林が「私が年下」とデザインを見せた。

菅井は「私がビックリしたのは、ここの白いボタンの節目にアルファベットで『KEYAKIZAKA』って書いてあるんです。年少組にしかないボタンでよく見ないとわからないんですけど、こだわって付けてくださってグループへの愛を衣装でも感じています」と説明。菅井は続けて「舞台衣装ではあんまりリボンが無いんですけど、ギャップが嬉しい」と話すと、土生は「ベージュも新鮮だし」と吐露していた。

keyakizaka46-040.jpg
keyakizaka46-041.jpg
<左:小林由依の衣装/右:土生瑞穂の衣装>

keyakizaka46-030.jpg

イオンが展開するキャンペーンキャラクターに就任した欅坂46のメンバーは、3月1日から放送される新CMに出演する。役どころについて菅井は「両親が厳しい家庭に育てられて、少しでも良い職場に就職したいという女の子の役で、私自身の育った環境にもリンクしていて、気持ちが入りました」と回顧。

さらに、大の馬好きとして知られる菅井は、乗馬での撮影に臨んだ。「ここ2,3年ぐらいずっと馬に乗れてなかったんですけど、このCMの撮影で久しぶりに乗馬をして楽しいなと、ときめきました」と語り、「久しぶりだったので、ちょっとだけ撥ねられちゃったんですけど」と笑っていた。

keyakizaka46-011.jpg
keyakizaka46-045.jpg

そのほか、菅井はCM撮影で就職活動を経験。それについて「自分自身が就職活動を経験していなかったんですけど、演技で体験してこんな大変なことを同世代の子が経験していると知った。図書館で難しい本を読んで、自分もたくさん世の中を知らないといけない。新聞を読んだり、漢字とか英語をもう一度身につけて、恥ずかしくないような人間になりたいと思います」と自戒した。

keyakizaka46-029.jpg

●ギャラリー

keyakizaka46-012.jpg
keyakizaka46-014.jpg
keyakizaka46-021.jpg
keyakizaka46-027.jpg
keyakizaka46-032.jpg
keyakizaka46-037.jpg
ion1.jpg
ion2.jpg
<イオンカード『U-25新生活キャンペーン』>

ion3.jpg
ion4.jpg
<イオンカード『U-25新生活キャンペーン』>

ion5.jpg
ion6.jpg
<イオンカード『U-25新生活キャンペーン』>

発信地・日本



関連記事

Dessartを友達に追加すると、特集記事が届くよ

友だち追加