_C2_0975.jpg

「7th YEAR BIRTHDAY LIVE」DAY2開催

乃木坂46のメジャーデビュー日(2012年2月22日)を記念した「7th YEAR BIRTHDAY LIVE」DAY2が、 京セラドーム大阪にて、2019年2月21日(木)のDAY1に続き、本日も5万人のオーディエンスに埋め尽くされ大盛況の中終了した。

生田絵梨花が初登場 「ハルジオンが咲く頃」を四期生が引き継ぐ

1日目がスケジュールの都合で出演できなかった生田絵梨花は、2日目のライブに登場。ワイヤーに吊られ空中でフライングしながら、自身初のセンターを務めた10thシングル「何度目の青空か?」を歌唱。DAY2が開幕した。

_P2_0910.jpg

2月22日ということで、2曲目に入る前に、メンバーとファンが「Happy Birthday」を合唱。満7歳の誕生日を迎えた乃木坂46を全員でお祝いするシーンも。

中盤では、卒業生の深川麻衣がセンターを務めた「ハルジオンが咲く頃」を四期生がパフォーマンス。卒業していくメンバー、そして加入してくるメンバーとグループの新旧交代はあるが、乃木坂46が世に送り出してきた作品が継承され続けていく姿を、ファンも見守った。

_B2_0703.jpg

そして終盤で披露されたバンドユニット乃木團曲「失恋したら、顔を洗え!」では、氣志團のギターリスト・西園寺瞳と星グランマニエがサポートとしてサプライズ登場。新体制となった乃木團メンバーと共にロック魂を会場中に響かせた。

_E2_1446.jpg

アンコール1曲目では、西野七瀬ソロ曲「もう少しの夢」では、西野七瀬本人がDAY1に続きステージ上に姿を表した。驚きと共に大歓声が飛び交い、会場のボルテージは最高潮に達した。

_S2_2123.jpg

アンコールラスト曲「乃木坂の詩」の前には、乃木坂46の通算4枚目となるオリジナルアルバムが2019年4月17日(水)に発売するというサプライズ発表が。3rdアルバム「生まれてから初めて見た夢」から約2年振りのオリジナルアルバムとなる。2018年末から四期生も加わり新体制となったグループだけに、どんな作品になるのか今から楽しみだ。

_I2_4079.jpg

<乃木坂46「7th YEAR BIRTHDAY LIVE」DAY2セットリスト>

M1:何度目の青空か?
M2:私、起きる
M3:Tender days
M4:あの日 僕は咄嗟に嘘をついた
M5:あなたのために弾きたい
M6:なぞの落書き
M7:革命の馬
M8:自由の彼方
M9:誰かは味方
M10:あらかじめ語られるロマンス
M11:立ち直り中
M12:ボーダー
M13:太陽ノック
M14:制服を脱いでサヨナラを・・・
M15:無表情
M16:悲しみの忘れ方
M17:ポピパッパパー
M18:大人への近道
M19:ハルジオンが咲く頃
M20:憂鬱と風船ガム
M21:急斜面
M22:遥かなるブータン
M23:不等号
M24:低体温のキス
M25:口約束
M26:環状六号線
M27:Threefold choice
M28:太陽に口説かれて
M29:欲望のリインカーネーション
M30:空気感
M31:失恋したら、顔を洗え!
M32:裸足でSummer
M33:僕だけの光
M34:シークレットグラフィティー
M35:命の真実 ミュージカル「林檎売りとカメムシ」
M36:白米様
M37:オフショアガール
M38:行くあてのない僕たち
M39:ないものねだり
M40:君に贈る花がない
M41:2度目のキスから
M42:あの教室
M43:ブランコ
M44:孤独な青空
M45:サヨナラの意味
EN1:もう少しの夢
EN2:インフルエンサー
EN3:ジコチューで行こう!
EN4:乃木坂の詩

●ギャラリー

_A2_0728.jpg
_A2_1431.jpg
_A2_1914.jpg
_A2_2426.jpg
_E2_1439.jpg
_E2_1629.jpg
_E2_1888.jpg
_M2_0991.jpg
_M2_1118.jpg


発信地・日本



関連記事

Dessartを友達に追加すると、特集記事が届くよ

友だち追加