DSC_3570.jpg

『雪の華』大ヒット御礼イベントに登坂広臣・中条あやみが登壇

「三代目 J SOUL BROTHERS from EXILE TRIBE」のボーカルを務める登坂広臣と、モデルや女優として活躍する中条あやみ、橋本光二郎監督が2月13日、都内で行われた、映画『雪の華』大ヒット御礼イベントに出席した。

キャストからのサプライズにファン感涙

興行収入は7億を超え(2月12日時点)大ヒットとなった同作。数々の感動の声が届いていることに対して登坂は「演者としてすごく嬉しいことです。あやみちゃんとの2人の撮影のときはその場の空気感とかを感じてましたけど、現場にいなかったシーンもあって。この映画は恋愛だけじゃないなと改めて感じました。僕も見たときは皆様と同じ感情です」と口にした。

一般客として映画館に足を運んだことを明かした中条は「お客さんが笑ったり涙したりする反応を実際に見て、頑張ってよかったなと思いました」とにっこり。登坂は「え!?行ったの?」と驚いていた。

DSC_3543.jpg
DSC_3540.jpg

バレンタインが近いこともあり、中条には同作のキャストにプレゼントするなら誰かという質問も飛んだ。中条は登坂と監督にときどき目線を送り、「やっぱり〜やっぱり〜やっぱり〜」と溜めてから「やっぱりお母さん」と笑顔で回答。母親役の高岡早紀の名前を挙げ、会場を笑わせていた。

登坂は、三代目のメンバーからもらうなら誰にもらいたいかと聞かれると「まったくいりません(笑)」ときっぱり。「メンバーでバレンタインやるのは気持ち悪くないですか?(笑)」と苦笑していた。

DSC_3549.jpg

同イベントのために作られた、本物の雪の花が入った氷のオブジェも登場。登坂が「期間限定のものって尊いですよね」とコメントすると中条もそれに同調。中条は「このときしかないっていう儚さがあって素敵ですよね」と感想を語った。

同作の舞台であるフィンランドでは、バレンタインデーにチョコではなく花をプレゼントする風習があるという。それに倣い、抽選で選ばれた観客に登坂と中条がチューリップを手渡しするイベントも行われた。客席からは大きな歓声が起こった。

DSC_3568.jpg

最後には3人が観客をお見送りするというサプライズが行われた。予期せぬイベントに客席からは「かっこいい」「どうしよう」「やばい」などの声が上がり、中には感動のあまり泣き出す人も。登坂と中条は1人1人と目を合わせ「ありがとう」と笑顔を見せていた。

『雪の華』
大ヒット公開中
配給:ワーナー・ブラザーズ映画
©2019映画「雪の華」製作委員会

DSC_3587.jpg

●ギャラリー

DSC_3526.jpg
DSC_3527.jpg
DSC_3528.jpg
DSC_3530.jpg
DSC_3531.jpg
DSC_3533.jpg
DSC_3534.jpg
DSC_3541.jpg
DSC_3545.jpg
DSC_3548.jpg
DSC_3556.jpg
DSC_3557.jpg
DSC_3558.jpg
DSC_3559.jpg
DSC_3563.jpg
DSC_3564.jpg
DSC_3566.jpg
DSC_3577.jpg
DSC_3585.jpg
DSC_3593.jpg
DSC_3595.jpg


発信地・日本



関連記事

Dessartを友達に追加すると、特集記事が届くよ

友だち追加