torasan2-005.jpg

北山宏光・多部未華子が和装姿でヒット祈願

 Kis-My-Ft2メンバーの北山宏光が初の主演を務める、映画『トラさん~僕が猫になったワケ~』が2月15日に公開される。2月7日には、同作のヒットを祈願したイベントが東京・今戸神社で行われ、北山と多部未華子の2人が、和装姿で出席した。

キスマイ・北山宏光いじられる「"多部化"と呼んでた」

 同作は、北山演じる高畑寿々男が、猫のトラさんとして、妻・高畑奈津子(多部)と娘の高畑美優(平澤宏々路)のために人生を挽回するストーリーとなっている。1月26日には、都内の劇場で披露試写会が行われ、北山が"猫スーツ"で登場。観客から大歓声を浴びていた。

 この日のイベントは、浅草の今戸神社で開催された。今戸神社は、幸福を招く猫の代名詞とも言える、招き猫発祥の地といわれており、ペアの大きな招き猫が飾られていることでも有名。この招き猫にあやかって、トラ柄に装飾した特製"トラさん招き猫"の除幕式がイベントで行われた

torasan2-001.jpg

本堂でのご祈祷を終えた2人は、ファンの大歓声の中ステージ上へと登壇。北山は「アイドル誌でたまにさせていただくんですけど、神社に来れて新鮮でした」と語り、多部は「素敵なお着物...」と呟いていた。

ヒット祈願した感想について尋ねられると、北山は「こういう神聖な場所でヒット祈願できてよかったです。沢山の人のことを考えて作ったのでその気持が伝わってほしい」と笑みを浮かべた。

torasan2-003.jpg

北山は、映画初出演で初主演を務めたことについて「これから忘れられない作品になっていくと思います」とコメント。多部は「撮影中は北山さんが明るくて、すごく現場が楽しかった。その明るいままが映像に出ている」と話した。

同作で夫婦役を演じる2人。北山は第1印象について「人見知りなのかなと思いました。楽屋に帰ったら小説とか読み出しちゃう。『10分とかじゃ絶対頭はいらないでしょ、一緒にご飯食べようよ』って誘ってましたね」と振り返った。それを聞いた多部は「小さい空間だったので、食べようよと言われたら断れない」と明かすと、北山は「そうだったの、断れなかった!?」と驚いた様子を見せた。

torasan2-002.jpg

さらに、撮影現場では多部が北山をいじっていたそう。北山は「徐々にいじられだして、それを"多部化"と呼んでたんですけど」と回顧。多部は「立ち位置が分からない」と嘆いていた。

現在は印象が変わったのか質問された北山は、多部について「すごいサバサバしてるんだというのが気持ちいい」とコメント。一方の多部は「私の母親が一番好きなアイドルなんですよ。このあいだも母親似合ったら、『やっぱりかわいいわ』って、うちの母親ははじめから今まで印象が変わらず、一番かっこいいって」と母親の感想を伝えていた。

torasan2-004.jpg

北山は「どのシーンもそうなんですけど、多部未華子ちゃんと平澤宏々路ちゃんが2人で鈴を持って話すシーンがあるんですけど、僕も映像を見ながら感動していました」と同作のポイント挙げた。続けて「最後2人で会話するわけじゃなくて笑い合うシーンがあるんですけど、そこに2人の関係性が現れているんじゃないかなと思うことがあります」と補足した。

多部は見どころについて「猫の姿ですかね?飯豊さんとの2ショットもすごく、すごくほのぼのかわいい、いいシーンがいっぱいあった」とアピールしていた。

 原作・板羽皆さんの同名マンガを実写映画化した『トラさん~僕が猫になったワケ~』は、2月15日から全国の映画館で放映される。



発信地・日本



関連記事

Dessartを友達に追加すると、特集記事が届くよ

友だち追加