anohino_orugun-019.jpg

『あの日のオルガン』プレミア上映イベント開催

2月4日、丸の内ピカデリーにて『あの日のオルガン』プレミア上映イベントが行われ、主演の戸田恵梨香、大原櫻子、佐久間由衣、三浦透子、堀田真由、そして監督を務めた平松恵美子が登壇。『あの日のオルガン』は太平洋戦争末期、20代を中心とした保母たちが子どもの命を守ろうと、53人の園児をつれ、集団疎開を敢行した実話が元となっている。

子どもたちとの再開にほっこり

舞台上に出演者たちが並ぶと、戸田は「隣にいる櫻子ちゃんが演じたみっちゃんと、走り回る子供たちからたくさんの笑顔をもらえる作品だと思います」と挨拶。その野々宮光枝を演じた大原は「そんなみっちゃんを演じられているかは、映画を見て確認していただきたいと思います」とはにかんだ笑顔を見せた。監督は演じた女優たちを眺め、「感慨深い思いでいっぱい」と気持ちを伝えた。

戸田は板倉楓というリーダーを演じることについて、少し心配していたようだが、共演者たちの年齢を知って「全然リーダーだ」と思ったことを笑いつつ、その怒りの乙女という役柄については「怒りを表現するというのは難しい作業でした」と思い返した。

anohino_orugun-002.jpg

大原の役柄は、子どもたちと同じ目線に立つ保母の役ということで「カメラが回っていない時も常に子供たち遊んでいたり、オルガンがあったら子供たちと一緒に歌ったりしていたので、大変なこともありましたけど、とても楽しく演じられました」と話した。佐久間は大原とは親友の役だが、撮影外でも食事に行ったりと仲良くしていたことについても明かした。

監督は「みなさんは保母役ですから、みなさんの周りにいる子達はちゃんと面倒見ましょうね」と託したことを話す。保育園実習なども行ったということだが、戸田と大原は子どもたち相手に常に走りまわっていたと振り返った。

anohino_orugun-003.jpg

大原が寒い日に薄着の衣装のままでいる戸田に厚着を勧めると、「女優は寒い時もこういう格好で歩くの」と断られたことを話した。戸田は女優として「反省します」と笑っていた。また、戸田については度を越して騒ぐ子供たちに関西弁で「うるさいねん!」と制す役通りのエピソードも披露した。

すると、ここでその子役たちが登場。やっちゃんももちろん登場し、記者に向けて戸田とピースサインなどを見せた。

anohino_orugun-004.jpg

久々の再会に嬉しい表情も浮かぶと、最後に戸田は「未来ある子供たちを守りたいと初めて実感した映画でした。登場人物には実際に今も生きていらっしゃる方もいて、責任を持ちながらやってきました。私たちは実体験をリアルに聞ける最後の世代かも知れません。どれだけのことだったのかというのを伝えられるのが今回の作品。みなさんに伝わったらいいなと思います」とイベントを締めくくった。

『あの日のオルガン』は2月22日より新宿ピカデリーほかで全国公開となる。

anohino_orugun-015.jpg

●ギャラリー

anohino_orugun-001.jpg
anohino_orugun-007.jpg
anohino_orugun-009.jpg
anohino_orugun-008.jpg
anohino_orugun-010.jpg
anohino_orugun-011.jpg
anohino_orugun-012.jpg
anohino_orugun-013.jpg
anohino_orugun-016.jpg
anohino_orugun-017.jpg
anohino_orugun-021.jpg
anohino_orugun-020.jpg


発信地・日本



関連記事

Dessartを友達に追加すると、特集記事が届くよ

友だち追加