IMG_9508.jpg

『ヨコハマ映画祭』表彰式開催

映画ファンによる映画祭『第40回ヨコハマ映画祭』の授賞式が2月3日、横浜市・関内ホールで開催。俳優の松坂桃李、東出昌大、役所広司、山崎努、女優の松岡茉優、唐田えりか、伊藤沙莉、木竜麻生、監督の上田慎一郎らが登壇した。

役所広司 松坂桃李を称賛「松坂くんがこの映画を支えている」

2年連続で助演男優賞を受賞した松坂桃李は、白石監督への感謝を語りつつ「『孤狼の血』パート2とか(笑)まだわからないですけどみなさんの期待を裏切らないように頑張ります」とコメント。「ここにまた立てるように頑張りたいです」と再受賞に意欲を見せた。

主演男優賞には俳優の東出昌大と役所広司が輝いた。役所は登壇すると松坂の手を引き、マイクの前で挨拶。観客からは大きな拍手が巻き起こった。受賞については「撮影中は賞を取るとかは考えていませんが、撮り終わってからご褒美を頂いたことは本当に励みになります」と喜びをあらわにした。『孤狼の血』でバディを組んだ松坂を「松坂くんがこの映画を支えていると思います」と称賛した。

松坂の『孤狼の血』パート2についてのスピーチを受けて、役所は「さっきパート2の話が出てましたけど、僕はもう死んでますから(笑)」とコメント。会場からは大きな笑いが起こった。

IMG_9480.jpg

助演女優賞は女優の松岡茉優、伊藤沙莉が受賞した。子役時代からの親友という2人ということで松岡は「助演女優賞を一緒にもらいたいねって言ってたんです」と告白した。35歳を過ぎてからの受賞になるだろうと予想していた2人にとっては早い夢の実現となった。

伊藤は「親友の松岡茉優と共に受賞出来たことも嬉しくて。幸せすぎてこわいくらい」と喜びを表現。自分に持っている武器はおもしろいことだけと話し「たくさん武器を持っている人を見ると焦ったりもするんですけど。自分の持っている武器を磨いていこうと思います」と意気込んだ。

IMG_9510.jpg

最優秀新人賞は女優の木竜麻生、唐田えりか、俳優の吉沢亮が受賞。『寝ても覚めても』で同じ顔をした2人の男性の間で揺れ動くヒロインを演じた唐田は「受賞を嬉しく思っている反面、いつもどこか他人事というか私のことかなって思うことがあって。自分満足していないのかなと思います」とコメントした。出演者やスタッフの支えのおかげと周りに感謝しつつ「この賞を頂いたからにはこれからも女優さんとして頑張っていきたいです」と意欲を語った。

IMG_9406.jpg
IMG_9415.jpg

『モリのいる場所』で特別大賞を受賞した山﨑努は「素晴らしい人物を演じることが出来て嬉しいです」と笑顔。山﨑が現れると観客は総立ちになり拍手を送った。

同作は故・樹木希林さんとの初共演作品だったことから「希林さんがいたら喜んでくれただろうと思います。それだけが残念です」と話した。

IMG_9515.jpg

●ギャラリー

IMG_9383.jpg
IMG_9392.jpg
IMG_9435.jpg
IMG_9487.jpg
IMG_9509.jpg
IMG_9513.jpg

発信地・日本



関連記事

Dessartを友達に追加すると、特集記事が届くよ

友だち追加