karupin-003.jpg

ヒカル ユーチューブにて詳しい事情を語る

2月2日、男性ユーチューバー・ヒカルがユーチューブに動画をアップ。現在はユーチューバー事務所・VAZに所属していないことを発表した。

VAZ内の問題について「早くこの状態が収束すること」を願っている

1日にヒカルはツイッターを更新。「俺カルピン活動あたりから契約延長してないから実はVAZ所属じゃなくフリーやねん。」と語り、詳細については動画で報告すると語っていた。

翌日の2日、ヒカルはスーツ姿で動画に登場。VAZと契約していたのは10月までで、11月からはマルチチャンネルネットワーク(MCN)と呼ばれる、メディア製作・配信をサポートする組織に所属しているという。

ヒカルが今までVAZに残っていたのは「情の部分で残っていたのが強かった」とのこと。しかし、"事務所の顔"として扱われることが多いため、何か問題があると風評被害も大きかったようだ。

今まで契約が終わっていることを発表しなかったのは、VAZとの関係性も考慮していたという。しかし今回、VAZの"給料未払い疑惑"が問題になって「この機会に言うしかないな 僕自身が自由に発言できないな」と発表を決意したという。

また「VAZの内部の事情に関しても把握してないです」と語り、「事務所側とクリエイターが和解して、クリエイター同士も和解して、早くこの状態が収束すること」を願っていると語った。

数日前に「VAZはどうでもいいことでいちいち荒れすぎじゃない?」とツイートしたことに関しては、「僕的には男女間の問題くらいで痴話喧嘩みたいな感じだと思ってたんですよ」「これに関しては申し訳なかったと思ってます」と謝罪した。

さらに「僕自身もVAZとして活動してたし、一応VAZの中では顔というか、登録者的には1番多い立場で、でも結局この事態を防げなかったというか、この事態に適切に対応できなかったことに関して、本当に反省というか、申し訳なく思ってます」とコメント。

なお、事務所の所属についてはまだ決まっていないようだ。

発信地・日本



関連記事

Dessartを友達に追加すると、特集記事が届くよ

友だち追加