abanthiz-25.jpg

『アバンティーズ』エイジさんの水難事故について経緯を説明

UUUMに所属するユーチューバーグループ「アバンティーズ」のそらちぃ、ツリメ、リクヲの3人が、2019年1月1日に休暇旅行先のサイパンで、エイジさんが水難事故で亡くなった件の経緯を説明した動画を1月29日に公開した。

水位の深い場所へと移動後、波にさらわれる

事故から約1ヶ月が経った29日に「アバンティーズ」は、自身のチャンネルに動画を公開。事故の経緯については、リクヲが手紙を読み上げての説明となった。つりめを除く『アバンティーズ』のメンバーと知人で、サイパン・バードアイランドビーチへと休暇のため訪れたという。地域環境や遊泳に詳しい現地の人と共に、トリッキングで利用される道を徒歩で移動し、水遊びができるスポットを散策。

リクヲは「エイちゃんは、途中で自分はスポットで見つかっても、海では泳がずに一緒に近くへ行くだけと話をしていました。散策していると、エイちゃんは深さが膝丈程度の場所まで行き、1度止まりましたが、さらに進んで腿辺りまで海水が浸かる場所に立っていました」と段々と水位が深いところにまで足を運んでいたという。

その後も散策を続けていたメンバーたちだったが、目を話した際に『助けて』と声が聞こえたそうで、振り返ると「今まで見たことの無かった速さの波に体を取られ、沖の方に流されていくエイちゃんの姿が見えました」と当時の状況を話した。

その後は、1番近い岸までエイジさんを引き上げ、現地の人々の力を借りてレスキューを手配。到着までの間に、心臓マッサージや人工呼吸などの処置を行ったそう。そして、レスキューが到着し医療措置を施してもらい病院に到着。しかし、医師からは『残念です』と告げられたと振り返った。

abanthiz-24.jpg

エイジさんの死に憶測が飛び交う、メンバーが告白

ネットを中心にさまざまな憶測が流れていることを受け、動画の冒頭でつりめは「今、インターネットではたくさんの憶測や脚色された内容が出ています。どうか視聴者のみなさまにはこちらからご報告させていただく内容を、お心に留めて頂けたら幸いです」と呼びかけていた。

動画の終盤でそらちぃは「今回のサイパン旅行は、休暇として訪れており、動画企画や撮影などは一切しておりませんでした」と撮影中の不慮の事故ではないことを報告。続けて「遊泳禁止区域での事故でもありません。事故が起きた日から現地での検証が行われ、想定外の事故に対して現地の方のお力をお借りして、すべきことは最大限行い、致し方ない事故であったとの見解がありました」と、エイジさんの死後もさまざまな現場検証が行われていたことも明かした。

abanthiz-19.jpg
abanthiz-20.jpg

『アバンティーズ』今後の活動は?

そらちぃは、エイジさんの死に、「今はただただ途方に暮れるばかりでした」と喪失感を吐露。さらに「正直これから『アバンティーズ』を続けることはできるのか、未だ結論は出ていません」とコメント。

一方で、「彼と僕らと視聴者のみなさんと一緒に続けてきた『アバンティーズ』をこれからも続けていくこと、僕らが意思を持って次の1歩を一緒に踏み出すことが、エイちゃんの望むことであり、みなさんへの恩返しにもなると信じています。そしてそれが僕らの望みでもあります。どうかもう少し、僕らに時間をください」とあいさつした。

発信地・日本



関連記事

Dessartを友達に追加すると、特集記事が届くよ

友だち追加