howaitest.jpg
<飯豊まりえ/『トラさん~僕が猫になったワケ~』>

飯豊まりえ、白いお嬢様ネコ姿解禁「運命と縁を感じた」

 ある日、突然死んだ男が猫の姿で家族の元に戻ってくるという、ファンタジーな世界観と温かいストーリーで人気を博した、原作・板羽皆さんのマンガ「トラさん(集英社マーガレットコミックス刊)」が、実写映画『トラさん~僕が猫になったワケ~』となって、2月15日に全国の劇場で放映される。

 同作には、主演を務めるKis-My-Ft2の北山宏光をはじめ、女優の多部未華子、平澤宏々路さん、富山えり子、俳優の要潤、お笑いタレントのバカリズムらが出演。主役のトラさん(北山)の良き理解者、ホワイテストを演じる飯豊まりえの新カットとデザイン画が、このほど解禁となった。

torasan-004.jpg
<©デザート/飯豊まりえ『トラさん~僕が猫になったワケ~』完成披露試写会の様子>

 飯豊は、「花のち晴れ〜花男 Next Season〜」など話題作へ出演しながら、女性ファッション誌「Oggi」や「MORE」のレギュラーモデルを務める、若手女優の一人。本作では、そんな彼女がキャリア初の猫役に挑戦している。

 飯豊が演じるのは、猫のトラさんになった寿々男が偶然出会う、ふわふわな毛が特徴的な白猫のホワイテスト。愛する奈津子(多部)と実優(平澤)のために何かしたいと思うが、猫になってしまったため、言葉さえ通じず、何もできないもどかしさを抱えたトラさんこと寿々男に、猫の先輩としてアドバイスする重要な役どころを務める。

iitoyo_marie-008.jpg
<©デザート/飯豊まりえ『トラさん~僕が猫になったワケ~』完成披露試写会の様子>

 スラリとした手足を活かした、キュートかつセクシーなホワイテスト(飯豊)の全身姿がこのほど解禁。首輪や髪飾り、胸元には宝石といったお嬢様猫・ホワイテストならではのこだわりが散りばめられている。

 飯豊は「16年間飼っていた白猫が亡くなった後、このホワイテスト役の話がきて、とても運命と縁を感じた」と思い入れあふれる同作。自身でも鑑賞後に「こんなに号泣した映画は久々。と驚くくらい、涙なしではみられませんでした」と明かしている。

howaitest.jpg
<飯豊まりえ/『トラさん~僕が猫になったワケ~』>

ホワイテストのデザイン画も公開

 監督の筧昌也さんはこれまで、『美女缶』『素敵な選TAXI』など、ファンタジー要素の強い作品を手掛けており、最近では、ドラマ単独主演となるロバート秋山が1人10役を演じることでも話題となった『黒い十人の秋山(17/テレビ東京)』や、人気ユーチューバーのはじめしゃちょー初主演のドラマ「The Fake Show(18/YouTube Originals作品)」も手掛けている話題のクリエイター。

 「猫を人で表現する。リアリティが重要な実写映画ではなかなかの冒険」と筧監督は語っており、同作を手掛けることは、自身にとっても大きな挑戦となったと告白している。しかし、筧監督は、その挑戦を「監督冥利につきる」と断言。自らも漫画家として活躍していた経験を活かし、キャラクターデザインの原案や物語の絵コンテを丁寧に書き下ろすことで、愛らしいキャラクターの誕生に至ったそうだ。

 今回解禁されたデザイン画には、ベレー帽を被り、凛としたたたずまいのホワイテストが描かれており、「しっとりした毛皮」という猫スーツの材質の指定から、猫の種類のイメージなどのコメントなど細かい監督のイメージが書き込まれている。

 劇中で飯豊が扮するホワイテストとは若干デザインが異なるものの、「白で柄がない分、+αであそぶ」「宝石やキラキラ感」というデザイン画のコメントのエッセンスはそのままに、ベレー帽を髪飾りに変更し、鈴を銀にするなど、より統一感が出て洗練された姿で映画に反映されている。

design.jpg
<飯豊まりえ/『トラさん~僕が猫になったワケ~』>

 売れないマンガ家の高畑寿々男(北山)は、妻・奈津子(多部)がパートで稼いだお金をギャンブルに使い、お気楽な生活を送っていたが、ある日突然、交通事故であっけなく死んでしまう。そんな寿々男に“あの世の関所”が下した判決は、「執行猶予1ヶ月、過去の愚かな人生を挽回せよ。但し、猫の姿でー」。

 トラ猫の姿で奈津子と実優(平澤)のもとに戻った寿々男は、「トラさん」と名付けられて高畑家で飼われることに。愛する家族のために何かしたいと思うトラさん=寿々男だが、猫だから言葉さえ通じない。寿々男は、家族に何ができるのか―?



発信地・日本



関連記事

Dessartを友達に追加すると、特集記事が届くよ

友だち追加