sento_force-042.jpg

高見侑里らが「セント・フォース」カレンダーPR

キャスターなどを多く抱える芸能事務所『セント・フォース』に所属するアナウンサーの中川絵美里、高見侑里、沖田愛加が23日、都内の書店にて行われた2019年カレンダー発売イベントに出席した。

クリスマスの予定に嘆き

同カレンダーは、『セント・フォース』に所属する12人のキャスターたちが月替わりで登場。中川は「サイズがコンパクトなので、玄関先に置いて、お出かけになる前に確認してもらって元気に」と呼びかけた。沖田は「学生さんには勉強机においてもらって、勉強を頑張って欲しいと思います」とアピールした。

クリスマスが近いことから、それにちなんだファッションで登場した3人。ファッションポイントについて高見は「白と赤の組み合わせがクリスマスっぽくて、ピアスを1番悩んで、全体のお洋服のバランスを見て、華やかなゴールドのゆらゆらするものを選びました」とコメント。沖田は袖のファーを指して「普段は着ないので選んでみました」と笑みを浮かべた。

sento_force-036.jpg
sento_force-039.jpg
sento_force-040.jpg

クリスマスの予定について尋ねると中川は「平日の早朝番組を担当しているので、2日間そこで過ごして、夜は寝ているので、イヴとかはないです」とキッパリ。

高見は「恋人と過ごすとか憧れるけど」と吐露しつつ、「現実はお仕事の予定も何もないんですけど、年賀状の季節なので、結局年賀状を書いて終わる」と嘆いた。

沖田は「私も特に(笑)。1人だと寂しいので大学の友人と集まれたらいいなって思います」と希望を話した。

sento_force-034.jpg
sento_force-035.jpg

2018年を回顧 来年の目標は?

2018年を振り返ってもらうと、中川は「誕生日の3月に写真集を出させていただいて、サッカーのワールドカップでスタジオでキャスターをさせてもらって、色んな経験をさせていただいた1年でした」と回顧。

2018年から『めざましどようび(フジテレビ系)』のお天気キャスターを務めている沖田は「今年からこの仕事をさせていただいて、はじめての経験をいっぱいさせていただいた1年だったなと思います」と初々しい様子で語った。

sento_force-037.jpg

2019年の目標について中川は「2020年のオリンピックが近づいているので、語学の勉強をしたいと」返答。沖田は「新しいことも多くて、驚くことも多い毎日だった。来年は、今年よりステップアップできるように頑張りたいなと思います」と宣誓した。

高見は「旅行も好きなのでプライベートでよく行くんですけど、お仕事で旅番組に行けたらいいなと思います」と話した。報道陣からどこに行きたいか質問されると「ベルギーに住んでいたことがあって、家族でよくヨーロッパ旅行に行っていたので、20年ぶりぐらいに回れたらいいな」と目を輝かせていた。

sento_force-043.jpg


発信地・日本



関連記事

Dessartを友達に追加すると、特集記事が届くよ

友だち追加