IMG_1451.jpg

夏本あさみ DVD発売記念イベントに出席

アイドルグループ『放課後プリンセス』の元メンバーで、現在はグラビアタレントとして活躍する夏本あさみが、12月20日、都内で行われた2ndDVD『先生って呼ばないで』の発売記念イベントに出席した。

「本当は甘えん坊な私を見てほしい」刺激的でドキドキする作品

先生役の夏本が、生徒に恋をすることがテーマの同DVD。夏本は、撮影の舞台になったバリ島を「すごい暖かいし、開放的な気持ちになって、DVDの撮影も捗りました」と回顧した。タイトルについて聞かれると、『先生って呼ばないで』は、自分で命名したことを告白。「先生なんやけど、勉強が終わったあとは先生って呼ばんといて、みたいなんを想像してつけました」と、自身の出身である京都弁を混じえて解説した。

具体的な内容を尋ねられると、作品中のセリフの半分以上が、自身のアドリブであることを明かし、「本当に生徒を好きという気持ちを持って撮影したので、自然と出た言葉ばっかりなんですけど」とにっこり。「私が本当に自分から考えて出たセリフばっかりなので、私らしさを感じてもらえたらなと思います」と、自分らしさが出せていることをアピールした。

IMG_1291.jpg
IMG_1302.jpg

先生役であるにも関わらず、制服のシーンがあることは「テストで100点取ったら制服を着てほしいって生徒に言われたので」と説明。そのシーンの後に、パンツを脱ぐシーンがあることを暴露すると「そこはドキドキして見てもらえたらなって。パンツの下は内緒です(笑)」と冗談混じりに語った。

他にも、生徒にキスをせがむシーンや、一緒に夜を過ごすシーンなど、刺激的でドキドキする場面があると語る夏本。みどころについて聞いてみると、「本当は甘えん坊な、すごく好きな人に甘えちゃうような私を見てほしいと思います」と、照れ笑いを浮かべた。今後については、「やってない雑誌の表紙や、撮り下ろしだったりを目標にしつつ」と展望を口にし、「3本目4本目も出せたらいいなと思います」と、次回作への意欲を見せた。

IMG_1433.jpg

発信地・日本



関連記事

Dessartを友達に追加すると、特集記事が届くよ

友だち追加