005_A1_0085.JPG
<(画像提供:提供写真)>

『アンダーライブ2018』座長・北野日奈子が『アンダー』への思いを語る 寺田蘭世の心意気に久保史緒里は涙

アイドルグループ・乃木坂46の『アンダーライブ2018~関東シリーズ~』が、12月19日から2日間にわたって東京・武蔵野の森総合スポーツプラザにて行われた。

各日1万人の合計2万人を動員した同ツアーでは、乃木坂46の22作目のシングル「帰り道は遠回りしたくなる」の"アンダー楽曲"『日常』で初の単独センターとなった、北野日奈子が同ツアーの座長を務めた。

本記事では、同ライブ2日目となる、20日に行われた模様をお届けする。

アンダラ関東シリーズ!千秋楽にファン1万人大熱狂

「Overture(序曲)」が会場に流れると、ファンは手に持ったサイリウムを様々な色に光らせ、曲にのせて乱舞。「オイ!オイ!」と熱い掛け声が響き渡るなか、ステージにメンバーが登場した。

センターの北野を始めとしたメンバーが、茶色のコートに、ブルーの襟があしらわれた衣装で、同ライブ1曲目となる『初恋の人を今でも』を披露すると、待ってましたとばかりに歓声が会場に響き渡った。

続けて『あの日僕は咄嗟に嘘をついた』を歌唱したのち、3曲目には『転がった鐘を鳴らせ!』をドロップ。コートを脱ぎ捨て、膝丈のピンクのスカート姿になったメンバーが花道に駆けてくると、ファンのコールもさらに大きくなり、会場の熱気が一段と増した。

027_A2_0257.JPG
<(画像提供:提供写真)>

寺田蘭世の思いに久保史緒里涙

1日目のライブは体調不良のため、ステージへの出演数を制限していた寺田蘭世。MC中、中田花奈からそのことについて振られると「昨日もあったので、その後ブログに書かせていただいたんですけど、でも今日はだいぶ熱もさがって。でも声がいつもよりブサイクかなって・・・」と、体調が戻りつつあることを報告。

続けて「昨日も、まったく出ないって選択肢もあったんですけど、2日間あるからこそ、出たいなって思って。久保ちゃん(久保史緒里)が、乃木坂の加入前に東北のアンダーライブに来てくれた話を、前にしてくれたんですけど、そのときに私はいなくって。捻挫していて。それが初めてお仕事に出られなかったときで、なんか、そういう人がまた出ちゃうのってやだなぁとか色々思って」と、ライブを休むことで、かつての久保がそうだったように、寺田に会うことが出来ないファンが生まれてしまうことを避けた結果であったことを告白した。

その後、寺田は「今日も頑張るね。えへへ」と笑顔を見せると、話を聞いていた久保は目に涙を浮かべていた。

003_B3_0153.JPG
<(画像提供:提供写真)>

086_A1_0663.JPG
<(画像提供:提供写真)>

北野日奈子『アンダー』への思い

アンダーメンバー内で結成されたユニット「サンクエトワール」の楽曲『君に贈る花がない』は、北野・寺田・中田の三人で歌唱。北野は同曲について「元々、卒業したひめたん(元メンバー・中元日芽香)と、未央奈(堀未央奈)と花奈さんと私と、蘭世の5人のユニットで、本当に5人ともサンクエトワールをすごく大事にしているし、曲もすごく大事にしているので、今回ここで3人で披露するのはどうなんだろうって思ったんです」と胸中を明かすと「けど、ひめたんが卒業した今、サンエトを伝えていくのって私達4人でしかできないので。アンダーライブで披露出来て、きっと初めて聴いた方もいると思うんですけど、すごく3人で感情が湧いた、とても、いい・・・うーん・・・いい感じ?」と自問自答。すかさず伊藤かりんから「この言葉だとちょっと軽くなるかもしれないけど、エモかったね」と助け舟が出され、会場からもそれに同調するように声があがった。

また、楽曲『アンダー』のパフォーマンスの後、披露されたのが北野単独での『ダンスインスト』。花道中央に立つ北野の周りをスモークが包み、頭上からは無数のスポットライトが降り注いだ。北野のキレのある激しいダンスに合わせて、スポットライトが縦横無尽に会場を照らし、パフォーマンス後には大きな拍手が巻き起こっていた。

269_B2_2309.JPG
<(画像提供:提供写真)>

前述した『アンダー』は、北野にとって思い入れの強い楽曲であるようで、アンダーメンバーの境遇を思わせるその歌詞に、リリースされた当初は、「どういう感情で歌ったらいいかわからない」とこぼしていた。

北野は、同曲に対する思いについて、「正直、今も何が正解かはわからないです。でも、正解がないところがすごくいいなと思います」と話し、「アンダーメンバーそれぞれのポジションを持たされて、そこでどうやって輝くのかは自分次第で。たとえ、スポットライトが当たっていなくても、アンダーメンバーは自分自身が光を放てるメンバーだと思います。そこがアンダーメンバーの強みだと思っています」と続けると、感極まった様子で、言葉を詰まらせた。

さらに北野は「私はね、あの曲をすごく大切に思っています。これからも大切に歌いたいなあと思っています。今日でこのメンバーでのアンダーライブは最後になりますが、このメンバーだからこそ、このアンダーライブが出来たと思うし、みんなと、この時を過ごせたことが、本当に幸せに思います」と語り、「数年後、それぞれがここを飛び立って、どんなところで、どんなことをしてどうやって輝くかはわかりませんが、今日のこの時を過ごした私達は、今日のこのことが、人生の宝物で人生の財産になると思います。私は頼りなかったし、引っ張っていくというよりかは足を引っ張ったりして頼りなかったと思うんですが、みんなと同じ空気の温度になれたことが本当に幸せに思います。ありがとうございました」と感謝を口にすると、大きな拍手が贈られた。

168_B2_1524.JPG
<(画像提供:提供写真)>

「乃木坂46アンダーライブ2018 2日目」セットリスト

M0 Overture
M1 初恋の人を今でも
M2 あの日僕は咄嗟に嘘をついた
M3 転がった鐘を鳴らせ
M4 My Rule
M5 ブランコ
M6 自由の彼方
M7 遠回りの愛情
M8 私のために誰かのために
M9 傾斜する
M10 君は僕と会わない方がよかったのかな
M11 満月が消えた
M12 君に贈る花がない
M13 誰よりもそばにいたい
M14 自惚れビーチ
M15 シークレットグラフィティー
M16 左胸の勇気
M17 13日の金曜日
M18 狼に口笛を
M19 アンダー
M20 北野ダンスインスト
M21 嫉妬の権利
M22 制服のマネキン
M23 インフルエンサー
M24 ここにいる理由
M25 日常
EN1 帰り道は遠回りしたくなる
EN2 孤独の青空
EN3 サイコキネシスの可能性
EN4 乃木坂の詩
EN5 ハルジオンが咲く頃



発信地・日本



関連記事

Dessartを友達に追加すると、特集記事が届くよ

友だち追加