konnayohukeni_bananakayo-005.jpg

『こんな夜更けにバナナかよ 愛しき実話』

俳優・大泉洋が主演を務める映画『こんな夜更けにバナナかよ 愛しき実話』が、12月28日から全国公開となる。それに先駆け、同作の完成披露試写会が11月12日に都内の劇場にて行われた。

イベントには、大泉、高畑充希、三浦春馬、渡辺真起子、竜雷太、綾戸智恵、佐藤浩市、前田哲監督の9名が出席した。

高畑充希の撮影の裏側を大泉洋が告白「ランニングなのに止まるのかよ!」

幼少時に、難病と言われる筋ジストロフィーを発症した大泉が演じる鹿野靖明は、介護が必要にもかかわらず病院を飛び出し、自立生活を始める。自ら大勢のボランティアを集めて、わがまま放題に振る舞うも、まっすぐに力強く生きる鹿野の周りには人が集まっていた。

実話を元にした同作は、そんな鹿野と、彼に出会って変わっていく人々の人生を、バラエティ豊かに描いた映画作品。

konnayohukeni_bananakayo-006.jpg

医学生で鹿野の介護を務める田中久役の三浦は「やっと北海道で丁寧に作ってきた作品が、皆さんのもとに届けられると思って嬉しく思っています。1本の撮影に、みなさんと携われる幸福感でいっぱいです」とニッコリ。

田中の彼女で、鹿野の良き理解者となる安藤美咲役の高畑は「美咲さんの目線がお客さんに似ているんですけど、鹿野さんのわがままムカつくって思うとおもうんですけど、終わるところには鹿野さんが大好きになっていると思います」と笑みを浮かべた。

konnayohukeni_bananakayo-022.jpg
konnayohukeni_bananakayo-009.jpg

映画のタイトル『こんな夜更けにバナナかよ 愛しき実話』にちなんで、共演者の意外な一面を「◯◯なのに◯◯かよ」の◯◯に言葉を当てはめるステージ企画も催された。大泉は「『ランニングなのに止まるのかよ』とさせていただきたいと思います」と話し、「私がランニングしてますと、三浦春馬、高畑充希さんが走りたいということで、一緒に走っていたんですけど、高畑充希さんは10メートルぐらい走るとすぐ止まる。ちょっと走るとすぐ止まるんです!」と回顧。当の高畑は「すいませんでした!かなりマイペースなランニングに付き合ってくれて、2人とも優しい」と褒め称えて見せた。

さらに、高畑も撮影を振り返り「撮影中編み物にはまってまして、ヘアバンドを編んでメイクさんに渡してたりしてたんですけど、萩原聖人さんにヘアバンド作って欲しいって言われて、いい感じにダサいの作ったんですよ、"絶対王者"って」と明かし、「すごく喜んでくれて、初めての試合それ付けててくれたんですけど、負けてて(笑)。『せっかく作ったのに負けるのかよ』」とオチを付けていた。

konnayohukeni_bananakayo-010.jpg
konnayohukeni_bananakayo-011.jpg

最後に、大泉は「素敵なタイトルで、台本・原作を読ませていただいたのを覚えています。鹿野さんがなぜそこまでわがままを言ったのか、日本がどういう風になってほしいという意味を込めていたのか、見終わった後、みなさまの中でこのタイトルに何を思うのか楽しみでございます」と感慨深げに話した。

●ギャラリー

konnayohukeni_bananakayo-008.jpg
konnayohukeni_bananakayo-012.jpg
konnayohukeni_bananakayo-013.jpg
konnayohukeni_bananakayo-014.jpg
konnayohukeni_bananakayo-016.jpg
konnayohukeni_bananakayo-017.jpg
konnayohukeni_bananakayo-018.jpg
konnayohukeni_bananakayo-019.jpg
konnayohukeni_bananakayo-020.jpg
konnayohukeni_bananakayo-021.jpg
konnayohukeni_bananakayo-023.jpg
konnayohukeni_bananakayo-024.jpg
konnayohukeni_bananakayo-025.jpg
konnayohukeni_bananakayo-026.jpg


発信地・日本



関連記事

Dessartを友達に追加すると、特集記事が届くよ

友だち追加