iitoyo_marie-009.jpg

飯豊まりえ「点灯式」で大はしゃぎ

女優でモデルの飯豊まりえが11月7日、東京ドームシティで行われた「ウィンターイルミネーション 江戸の粋 日本の華」の点灯式に出席した。

飯豊まりえ 流行語は「花晴れ」

「かわいい」などの大声援の中、振り袖姿で迎え入れられた飯豊。着物については「色々着させていただいた中で、イルミネーションに合うのはこれかなと。黄色とオレンジが好きで、四季折々の柄なのでイルミネーションに合うんじゃなかなと思って」と明かした。

また、点灯式に参加するのは初めてとのことで「お着物でイベントも初めてですし、点灯式というのも初めてです」と話し、「今までクリスマスで特別な行事が出来ていなかったので、すごく記念にもなりましたし、経験にもなりました」と歓喜。イルミネーションが点灯すると「すごく興奮しています!嬉しい、優しい!」と大はしゃぎしていた。

iitoyo_marie-007.jpg
iitoyo_marie-011.jpg

この日は、流行語大賞にノミネートされた30語が発表されていた。カリスマモデル・西留めぐみ役として『花のち晴れ〜花男 Next Season〜』に出演していたことから「"花晴れ"っていうワードが自分の中ですごく大きいです。共演者のみなさんとも今でも仲良くさせていただいてて」と自身の流行語について語った。

iitoyo_marie-017.jpg
iitoyo_marie-018.jpg

飯豊まりえ、クリスマスの思い出は?

クリスマスに外出したことが無いそうで「一昨年に、母が買ってくれたクリスマス限定のケーキを、父とろうそくを吹き消してました」とエピソードを披露。

さらに少女時代についても振り返り、「サンタさんが最後に来たのは小学5年生だったんですけど、いつもは戦隊のヒーローのフィギュアとかピアノとかもあったんですけど、その時はお札が来たんですよ。『サンタさんお札!?』と思って、すごい泣いて『こんなのいらない』って言って、次の日見たらお札がなくなってて、ゲーム機に変わってました」と回想し、「今度は私が選んで家族に渡したいなと思います」と胸を張った。

iitoyo_marie-013.jpg
iitoyo_marie-004.jpg
<左:点灯式でカウントダウンする飯豊まりえ / 右:声援に手で振り返す様子>

「ウィンターイルミネーション 江戸の粋 日本の華」は、2018年11月7日から2019年2月17日の会期で行われる。日本の暮らしや伝統工芸をモチーフに取り入れた、"和風"をテーマにしたイルミネーションが展開される。

iitoyo_marie-020.jpg

●ギャラリー

iitoyo_marie-008.jpg
iitoyo_marie-012.jpg
iitoyo_marie-014.jpg
iitoyo_marie-015.jpg
iitoyo_marie-019.jpg


発信地・日本



関連記事

Dessartを友達に追加すると、特集記事が届くよ

友だち追加