IMG_2414-2_original.jpg

えなこ「チャリティー撮影会」を主催

コスプレイヤーのえなこが11月4日、西日本豪雨災害および北海道胆振東部地震の被災地の支援を目的とした「チャリティー撮影会」を東京都内で開催。約300名が撮影会に参加した。

災害ニュースをきっかけに「チャリティー撮影会」を開催

同撮影会は3部構成となっており、えなこ、伊織もえ、宮本彩希、火将ロシエル、くろねこ、篠崎こころなどの人気コスプレイヤーやモデルが各部に出演。さらには、スクウェア・エニックスや株式会社ミクシィ内のスタジオ「XFLAG」などから、人気ゲーム『NieR:Automata』や『モンスターストライク』などのコスチュームが提供された。

「キャラの再現度を大事にしたんですが、横のスカートのスリットが気に入っています」と『NieR:Automata』のキャラクター、2Bの衣装で報道陣の取材に応じたえなこ。開催のきっかけについて「日々災害のニュースを目にする中で、私にできることはなんだろう、コスプレイヤーとしてできることはなんだろうと考えてやろうと思いました」と語った。

IMG_2398-2_original.jpg

さらに、撮影会について「無事3部とも終わりましたが、私だけでは実現しませんでした。スタッフさんや事務所の方や参加してくださった方、誰一人が欠けても実現しなかったのでこれからもコスプレイヤーとして日々考えながらやっていきたいと思います」と感謝。

今後も『チャリティー撮影会』を定期開催していくのか問われると「被災地がすぐに元通りなることは難しいのですが、次回がいつになるかはわからないんですけど、次回の開催についても協議したい」と目を輝かせた。

IMG_1981_original.jpg
IMG_2373_original.jpg
IMG_2376_original.jpg

被災地への義援金は、日本赤十字社を通して被災地に寄付される。

IMG_1975_original.jpg
IMG_1997_original.jpg
IMG_2002_original.jpg
oUcfPlnUNO.jpg
IMG_2360-2_original.jpg
IMG_2393-2_original.jpg
IMG_2402-2_original.jpg


発信地・日本



関連記事

Dessartを友達に追加すると、特集記事が届くよ

友だち追加