2018zyunpei-15.jpg

『純平、考え直せ』の初日舞台挨拶にキャスト陣登壇

俳優・野村周平が主演の映画『純平、考え直せ』の初日舞台挨拶が9月22日、都内の劇場にて行われた。

イベントには、キャストの野村周平、柳ゆり菜、毎熊克哉、岡山天音、佐野岳、佐藤祐基、藤原季節、森田涼花、木下愛華、片岡礼子、監督の森岡利行が登壇した。

野村周平、SNSへの本音を告白

直木賞作家・奥田英朗の同名小説が映画化した同作。主人公の純平役を野村が、ヒロインの加奈は柳ゆり菜が演じる。監督は「子猫の涙」「上京ものがたり」などを手がけた森岡利行が務める。

大歓声と拍手の中ステージに登壇したキャスト陣。野村は「共に戦ったみなさまが集まれたので嬉しい気持ちでいっぱいです」と思いを口にした。また共演した毎熊について「兄貴って感じでしたよね。映画の通り存在感もあって包容力もあり素晴らしい先輩だと思いました」と絶賛すると、当の毎熊からは「そんな真面目なことを言われるとは全く思ってなかったので、ちょっと変な感じ」とツッコミをいれた。

2018zyunpei-2.jpg
2018zyunpei-4.jpg

劇中で岡山に髪を切られた柳。感想を求められた岡山は「本当にすみませんでした!」と大声で謝罪した。一方の柳はというと「そのあとも何度か共演したんですけど、『あの時はすみませんでした』って言われて(笑)」と何度も岡山から謝罪されたことを明かした。

さらに岡山は「プロデューサーさんに『あんまり手加減して切っちゃうと大事なシーンだから、駄目だぞ』ってプレッシャーをいただいて、あとからヘアメイクさんから『あんまり切りすぎると修正が効かなくなるから本当気をつけて』って言われて」と裏話を披露。柳が「なかなかカットかからなかったですよね」と同意して見せる場面もあった。

2018zyunpei-3.jpg
2018zyunpei-5.jpg

そのほか、本作ではヒロインの加奈がSNSに純平のことについて相談するシーンもあり、忠告や冷やかし、さまざまな声援がネット上に飛び交うシーンが描かれている。

野村は「SNSの住人っていうものは、SNSの中でしか生きていないので、心無い発言をしてしまったりすると思います。人と会わないと何もわからないので、会ったこともないのにSNSの上だけで人格を否定するなよって言いたいですね」と本音を吐露。続けて「SNSを少し否定しましたが、みなさまの呟きでこの映画を広めていただければなと思います。みなさんの宣伝の効果で『カメラを止めるな!』みたいな感じになるかもしれないので(笑)」と笑いを誘った。

2018zyunpei-14.jpg

●ギャラリー

2018zyunpei-6.jpg
2018zyunpei-7.jpg
2018zyunpei-9.jpg
2018zyunpei-11.jpg
2018zyunpei-13.jpg

発信地・日本



関連記事

Dessartを友達に追加すると、特集記事が届くよ

友だち追加