_MG_3830.jpg

「ももクロ」初ミュージカルで主演

ガールズユニット・ももいろクローバーZのメンバーが出演するミュージカル『ドゥ・ユ・ワナ・ダンス?』の初日前会見と公開舞台稽古が23日、千葉・舞浜アンフィシアターにて行われた。

会見には、演出家の本広克行監督、シルビア・グラブ、妃海風、百田夏菜子・玉井詩織・佐々木彩夏・高城れにの7人が出席。公開舞台稽古の前に報道陣の取材に応じた。

「ももいろクローバーZ」3年前より成長「稽古2日目で台本を手放した」

2018年5月でデビュー10周年を迎えたももいろクローバーZ が、ジュークボックスミュージカル『ドゥ・ユ・ワナ・ダンス?』にて主演を務める。

百田は「監督と一緒に詰めて詰めて素敵な作品になるように、キャストのみなさんとやっているのでよろしくお願いします」と 高城「一見ファンタジーに見えるんですけど、実はすごく奥深いテーマになっていて。今後みなさんが感じ取ってくたことは色んなことでプラスになると思うので、上手に演じられるようにがんばります」と意欲を見せた。

_MG_3898.jpg

佐々木は「ミュージカル初挑戦でわからないことばかりで、キャストのみなさんに教わりながらやってるんですけど、私たちらしいシーンを監督が作ってくださったりとか、一方で全然いつもの私とは違かったりとか、演じていて楽しいです。死後の世界とかパラレルワールドとか答えが分からないテーマが沢山あるんですけど、このミュージカルを見た次の日の生活だったりとか日々が充実するような公演になったらいいなと思います」と話した。

また、会見中に、劇中歌としても使用される新曲「天国のでたらめ」が、2019年5月17日発売の5thアルバム「MOMOIRO CLOVER Z」に収録されることが発表された。百田は「『ドゥ・ユ・ワナ・ダンス?』の中でもすごくキーになってくる曲なので、楽しんでもらえるんじゃないかなと思います」と説明した。

_MG_4028.jpg
_MG_4210.jpg

そのほか、3年ぶりに「ももいろクローバーZ」とタッグを組むこととなった本広監督は「稽古2日目で台本を手放したんですよ。前の時はかなり手放せないで、苦労していたなと」とメンバーたちの成長を実感したことを報告していた。

_MG_4508.jpg
_MG_5540.jpg

●ギャラリー

_MG_4557.jpg
_MG_3859.jpg
_MG_4469.jpg
_MG_4739.jpg
_MG_4928.jpg
_MG_4997.jpg
_MG_5217.jpg
_MG_5326.jpg
_MG_5887.jpg


発信地・日本



関連記事

Dessartを友達に追加すると、特集記事が届くよ

友だち追加