tabe-003.jpg

沢尻エリカが共演俳優とのエピソードを披露

映画『食べる女』の公開記念舞台挨拶が9月22日、都内の劇場にて行なわれた。イベントには、主演の小泉今日子をはじめ、沢尻エリカ、前田敦子、広瀬アリス、シャーロット・ケイト・フォックス、壇蜜、鈴木京香、原作者の筒井ともみ、生野慈朗監督が登壇。

沢尻は、同作で共演したユースケ・サンタマリアとのエピソードについて振り返った。

沢尻エリカ 共演俳優の"女子力"に驚愕

映画『食べる女』の公開記念舞台挨拶に出席した沢尻は「美しいみなさんを見ながらお仕事ができて楽しい現場でした。ありがとうございます」と挨拶。

相手役となったユースケ・サンタマリアとは初共演という沢尻は「ぜんぜんはじめましてな感じが全くなくってですね、現場にいる時は気さくに話しかけていただいて、親近感がある方ですね」とコメントした。

また、ユースケが美容にもこだわっていることを明かし「ずっと休憩中も美容の話をするんです。『あの美容機器知ってる?あれすごいよね』みたいな。私も一応女優をやっているので美容について見たりするんですけど、その私よりもなんでそれ知ってるんですかってぐらい詳しくて(笑)」と回顧。

tabe-008.jpg
tabe-019.jpg

さらに「2人のカラミのシーンの前になんかやってきたみたいなんですよ。顔を。上がってる顔!みたいな(笑)」と撮影現場でのエピソードを披露。「すごいあのシーンに気合入れて望んでいたらしくて」と説明も付け加えた。

tabe-018.jpg

映画『食べる女』は、8人の女たちの日常を描いた筒井ともみの短編小説集を映画化した作品。雑文筆家のトン子こと餅月敦子(小泉今日子)は、料理をこよなく愛する日本家屋の古書店「モチの家」の主人を務め、夜な夜な集まる個性豊かな女性たちと共に「食」と「性」について語り明かす。

9月21日より、映画『食べる女』は全国の劇場で放映される。



発信地・日本



関連記事

Dessartを友達に追加すると、特集記事が届くよ

友だち追加