genking-15.jpg

GENKINGウェディングイベントに登場

9月1日、タレントのGENKINGが、東京国際フォーラムにて行なわれた「ウエコレ コンセプトウェディングイベント(USEN-NEXT GROUPのUSEN Media主催)」に出演した。

「女の子になって300グラム痩せるのが大変」GENKINGが術後の苦労を語る

今年で21回目の開催となる同イベント。ウェディングドレスショーでは、GENKINGプロデュースのウェディングドレスに身を包んだモデルたちがランウェイに登場した。

2017年5月に性別適合手術を受け、同年7月には戸籍上の性別を女性に変更したGENKINGは「女性に生まれ変わって去年より体重が6キロ増えてしまい、二の腕がすごく太くなったり下っ腹が今までになかったように出てきてしまいました。そこから食生活とかトレーニング気を使うようになったんですけど、女の子になって思ったのは300グラム痩せるのが本当に大変で...」と術後の苦労について吐露。

続けて「今までは『太っちゃってやばいんだよね』っていう女の子に、『豆腐食べてれば痩せるでしょ』って言ってたんですけど、いざ自分がなってみるとご飯を抜いただけじゃ全然体重なんて減らないし、体重が落ちない自分にストレスが溜まって、全てが気になり始めました」とエピソードを披露した。

genking-8.jpg
genking-9.jpg

また、彼氏と交際中と宣言していることから結婚観の話へと移ると「今までは結婚したいなとか、子供ほしいなとか夢があって、それに向けて色々な恋愛をしていたんですけど、最近は保険のこととか、積立のこととかを考えるようになってきて、結婚が身近なものになって、すごくリアルな考えになってきました」と近況を報告。

理想のウェディングについては「ど派手婚がしたくて、沢山呼んでやりたいと思っていたんですけど、今は彼も表に出ている方ではないので、控えめに親族とか仲がよい友達だけ数人呼んで、こじんまりとやりたいな」と持論を展開した。

genking-11.jpg

現在は彼氏と同棲していると話すGENKINGは、「一緒に住み始めると、実際は奥さんみたいな感覚で、保険も早めに入ったほうが値段が高くなるよねとか、引っ越しはこういう感じがいいなとか夢がありますよね」と状況を説明。

年内に籍を入れるのか問われると「えー内緒(笑)」と微笑み、「平成が終わる前までに(結婚)できたらいいですね」と心境を語った。

genking-10.jpg
genking-16.jpg

プロポーズについては「プロポーズはいらないです」とバッサリ。「プロポーズよりは毎日お家に帰ってきて私のご飯を食べてくれる方がいいなと思います」と展望を話した。

現在は仕事の量についても考えているようで「家庭のことを優先するので、料理をする回数とかスーパーに行く回数が多くて」と話し、「夜10時に寝て、朝6時半にお風呂を沸かして、朝仕事に行かせるという仕事を2年近くやっています」と順風満帆な生活を送っているようだ。

genking-14.jpg


発信地・日本



関連記事

Dessartを友達に追加すると、特集記事が届くよ

友だち追加