sub1.jpg

ラザール ダイヤモンド「4Cの日(8月8日)」記念日認定

NY発の世界三大カッティングブランド「ラザール ダイヤモンド」が、創始者ラザール・キャプランの生誕135周年を記念し、ダイヤモンドの評価基準である4つのCを上下左右に重ねた8月8日を「4Cの日」として記念日に申請、認定した。

記念日前日の8月7日には、タレントのGENKINGがスペシャルゲストとして登場し、トークイベントを開催した。

GENKING「愛することって更に大事」ダイヤモンドを嵌め登場

女性になって初めて純白のウエディング姿を披露したGENKINGの薬指には、「セレスティアル(約1カラット、660万円相当)」が眩い光を放ち、自身の結婚観も交えながら、「4Cの日」記念日認定のお祝いメッセージを述べた。

main.jpg

「結婚している、していない関係なく、リングはお互いを想い合う特別な気持ちが込められているものだと思う。ダイヤモンドをもらったら女の子なら絶対に嬉しいし、ダイヤモンドは本当に特別な存在」と持論を展開。

続けて。「私自身、生まれ変わってから愛することって更に大事なことだと思うようになったし、たまに喧嘩をすることもあるけれど、愛しているから許せるし、それを超えた先にはもっと大きな愛があると思っています。皆さんにも大きな愛が届きますように!」と呼びかけ、イベントを締めくくった。



発信地・日本



関連記事

Dessartを友達に追加すると、特集記事が届くよ

友だち追加