E91CF5A5-3CA6-4740-AE2B-3DDCFE9AD2F0.jpeg
<提供画像>

『水曜日のダウンタウン』三田寺理紗が出演

8月22日放送の『水曜日のダウンタウン(TBS系)』に、ガールズ演劇ユニット「Girl〈s〉ACTRY」の元メンバーで、ユニット「しーくいーん」としても活躍する三田寺理紗が出演した。

番組内で"不思議ちゃん"設定することになった三田寺は、カッパや鬼の子などに扮して企画に登場。普段は「のんきでハッピーな女の子ですかね。河童でも鬼でもないです(笑)」と自身を評価する三田寺に、番組出演時の感想を尋ねた。

「何にも疑わなかったです」三田寺の涙にかわいいの声

お笑いコンビ「ダウンタウン」の松本人志がパネラーとして出演し、浜田雅功がMCを務める『水曜日のダウンタウン』は、お笑い芸人がプレゼンするさまざまな「説」をVTRを通して検証する情報エンターテイメント番組。

8月22日の放送では、プレゼンターとしてお笑いコンビ「バイキング」の小峠英二が登場し、「不思議ちゃん発掘オーディション ドッキリ」と題した、"不思議ちゃん設定、パターン枯渇してる説"を検証した。

「不思議ちゃん発掘オーディション ドッキリ」は、一晩で急造した"不思議ちゃん"設定を、オーディションで披露するというもの。さらに、総勢55名の参加者から4名を選出し"不思議ちゃん"のナンバーワンを決める偽ドッキリ番組内で、ネタバラシするという企画になっている。

三田寺は「10月からはじまるレギュラー番組のオーディションだから何かキャラをつくってきて!とオーディション前日にマネージャーさんから言われてまんまと騙されました!!何にも疑わなかったです」と完全に信じ切っていたようだ。

実際のオーディションでは、3000円で売られているロボットという設定の女性や、大阪生まれ大阪育ちの大阪のおばちゃんという外国人タレントなどが出演しスタジオも大爆笑。浜田は「見てられんわ」と苦笑する場面も。

全身緑色の衣装でキュウリを持って登場した三田寺は、「下手したら一生背負うかもしれない」キャラということが評価され合格に。

8d4acaf2dca2c75d2913f3fecd4efd93.png
『水曜日のダウンタウン』8/22(水) 不思議ちゃん発掘オーディションドッキリを開催!!【TBS】

さらにドッキリは続き、偽番組「KING OF HINADAN」の収録前日に番組サイドから、急遽"不思議ちゃん"設定をさらに改良してほしいとの要望が。

4人は困ったような素振りを見せつつも、翌日行われた偽番組の収録では、オーディション参加時よりもパワーアップしたキャラ設定が披露された。

オーディション時にカッパの設定で登場した三田寺は、緑色の鬼の子に扮し偽番組に参加。年齢を尋ねられると「りーたんは260歳」と快活に答え、"不思議ちゃん"っぷりを見せつけた。

三田寺曰く「1日で考えるなんてむちゃくちゃだなと思いました(笑)」と思っていたそうで、「オーディションを通過したのに、またキャラをつくってくるって、何で受かったんだろう?って。でもレギュラー番組がほしい!やらなきゃ!チャンスだ!と思って、きっといろんな星からくる設定の人がたくさんいるだろうから、わたしは「自分が会いたい」と思っていた未確認生物をやろう!と決めました」とカッパや鬼の子に扮した理由について説明した。

2EFB5CF2-1185-4171-8706-1558CEAE4220.jpeg
3738650B-D5B3-4E9E-BCF8-6C25669173E4.jpeg
<提供画像>

偽番組の終盤には、同企画のプレゼンターでもある小峠から「実はですねこれ『KING OF HINADAN』ではありません。実は『水曜日のダウンタウン』です」とネタバラシ。

三田寺は「怖かったずっと...。頑張って緑に塗って楽屋で、何かよくわからない質問もいっぱいくるから」と涙を流すと、小峠からすぐさま「りーたん、ただ泣くようなことじゃねえぞ」とツッコミが。スタジオでVTRを見た松本も「涙の無駄遣いやわな」と一言。

F58A4FE1-D23F-4C5A-B899-C2B970B4F5B2.jpeg
<提供画像>

"不思議界のご意見番"として出演していたりゅうちぇるが、「でも『水曜日のダウンタウン』出られるんだって」と声をかけると、三田寺は「もっと普通の肌で出たかった」と声を絞り出し、スタジオの笑いを誘った。

同番組の視聴者からは「鬼の子りーたんめっちゃ可愛いくてファンになりました」「可愛かった」「水曜日のダウンタウン見てめっちゃ可愛くてファンになりました!!」など絶賛の声がSNSに寄せられている、



発信地・日本



関連記事

Dessartを友達に追加すると、特集記事が届くよ

友だち追加