anime_gaiden-4.jpg

トリプル主演を高城亜樹、前田亜美、藤江れいなが務める

8月14日、オムニバス映画「アニメ女子・外伝〜藍の翼・カーレッジ〜」の制作発表が都内で行なわれた。

同制作発表会には、アイドルグループ『AKB48』の元メンバーで6期生としてデビューした高城亜樹と、舞台・バラエティなどで活躍する前田亜美、『NMB48』ではキャプテンを務め同グループでも10年にわたって活動した藤江れいなが、キャストとして登壇した。

高城「中々プライベートで会う機会って減っていっちゃう」

同映画は、高城、前田、藤江のそれぞれがショートストーリーの主演声優を務める作品。アニメ制作の現場に関わる女性スタッフを描いたオムニバスストーリーとなっている。

高城は劇中にて、製作班のプロデューサー「秋吉めぐ」を演じ、前田は声優役の「天川凛」を担当。藤江は、脚本家の橋本琴葉の声を務める。

藤江は、「3人で集まるのは久しぶりなので、プチ同窓会みたいな感じで、今ウキウキします」と『AKB48』卒業後に初めて、3人が集まったことに笑顔を見せた。

anime_gaiden-5.jpg

すでに、藤江が主演を務める「琴葉編」は撮影が終了しているとのことで、「夢を追いかけたり、家族との関わりがあったりとか、誰かの背中を押してくれる人が居たりだとか、沢山支えてくれる人がいるんだなっていうのを、この役を通して感じました」と心境を語った。

これから撮影を予定している前田は「台本をいただいた時に、とっても共感できる部分がありまして、アイドルをやったことがあって、沢山の女の子たちの中で切磋琢磨して頑張ってアピールして。今回の作品でも似たような感覚がありました」と共感できる部分があると説明した。

同じくこれから撮影予定の高城は「30歳を目前にしたアニメ業界で奮闘する女性を演じているんですけど、25から30の中で色んな変化がある年齢だと思うので、自分にも置き換えつつ、めぐのことも考えながら、女性として、そしてプロデューサーとして頑張る姿を表現できるように頑張りたいなとおもっています」と宣言した。

anime_gaiden-7.jpg
anime_gaiden-13.jpg

そのほか、好きなアニメについて藤江は「アイドルをしている時は恋愛ができなかったので、アニメを見てキュンキュンするっていうのを日課にしていました(笑)。『君に届け』とか『オレンジ』女の子なら嫌いな人はいないんじゃないかって感じでキャーキャーして、青春ってぐらい好きなアニメですね」と説明した。

高城は「『名探偵コナン』毎年映画を見に行ってるし、アニメも全部見たのかな。きっかけは漫画を最初に見たんですけど、『NGT48』の元メンバーの北原理英ちゃんがすごく『名探偵コナン』が大好きで、『絶対見たほうがいいよ』って言われてから、毎年(映画)を見に行ったんですよ。恋愛の模様があったりとか、黒の組織がどうとか、アニメって奥深さがすごいなと思って、見るようになりました」と、元『AKB48』のメンバーでもある北原からオススメされたと話した。

anime_gaiden-16.jpg

3人の関係性について尋ねれられると「私たちといえば、AKBグループとしても愛されていた曲である『君のことが好きだから』で、共演してるんですよ。現役の子はもう、さっしーしか残ってないんですけど、卒業後にこうやって一緒にできるっていうのは嬉しいなって」とそれぞれが顔を見合わせて笑顔。

続けて、前田は「私が初めてもらった曲が『君のことが好きだから』で、MV撮影も初めてだから、2人がいたんだね(笑)」と回顧。

今でも交流がある元メンバーは少ないそうで、高城は「今でも会うメンバーって限られてきて、現役の子は忙しいの知ってるから誘いずらいんですよ。卒業したメンバーはこの子って今なんの仕事をしてるんだろうって思って、誘いづらかったりする。中々プライベートで会う機会って減っていっちゃうんですよ」と悩みを打ち明けた。

anime_gaiden-17.jpg

●ギャラリー

anime_gaiden-1.jpg
anime_gaiden-3.jpg
anime_gaiden-6.jpg
anime_gaiden-8.jpg
anime_gaiden-9.jpg
anime_gaiden-10.jpg
anime_gaiden-11.jpg
anime_gaiden-12.jpg
anime_gaiden-14.jpg
anime_gaiden-15.jpg
anime_gaiden-18.jpg


発信地・日本



関連記事

Dessartを友達に追加すると、特集記事が届くよ

友だち追加