akb48-105.jpg

AKB48「TIF2018選抜」が「TIF」に登場

8月3日から8月5日の会期で、東京・お台場・青海周辺エリアにて「TOKYO IDOL FESTIVAL 2018(以下、TIF)」が開幕した。

今年からメインステージの場所が、屋外からイベントホールの「Zepp ダイバーシティ東京」に変更となり、例年よりも混雑が予想される中、AKB48「TIF2018選抜」のメンバーがライブを行った。

ステージには、加藤玲奈、向井地美音、横山由依、込山榛香、峯岸みなみ、茂木忍、大家志津香、柏木由紀、佐々木優佳里、谷口めぐ、福岡聖菜、大森美優、岡田奈々、川本紗矢、馬嘉伶、村山彩希の16名が登場。同グループの人気メンバーが集結した。

向井地美音「今日のためにこの1ヶ月間ぐらい生きてきた」

「AKB48 TIF2018選抜」は、6月16日に行われた「AKB48 53rdシングル 世界選抜総選挙 ~世界のセンターは誰だ?~」で上位にランクインしたメンバーを中心に構成される選抜ユニットで、1日目のホットステージにてライブを行った。

同ライブの本番前に行われた『公開収録「この指と~まれ!season2 in TIF2018」』には、スペシャルゲストとして、AKB48チームBと姉妹グループのNGT48チームを兼任する柏木由紀が登場。

同ステージで司会を担当した、チェアマン・指原莉乃とのMCの中で、柏木は「セットリスト私が考えてきました」と説明。続けて「」 セットリストに注目が集まっていた。

akb48-2.jpg

迎えた「AKB48 TIF2018選抜」のライブ本番では、「AKB48!」のコールが印象的なOVERTUREに乗って、16名のメンバーが登場。会場から歓声が沸き上がり、そのままの勢いのまま『言い訳Maybe』を1曲目に披露。

さらに、2曲目は『Everyday、カチューシャ』。3曲目には『#好きなんだ』を、立て続けにドロップ。イントロが流れるたびに、会場から割れんばかりの歓声が沸き上がる。

akb48-5.jpg
akb48-7.jpg
akb48-11.jpg
akb48-14.jpg

3曲目を披露し終えると、MCに突入。総監督の横山は「日本のアイドルが集結するこの、東京アイドルフェスティバルに、今回はAKB48『TIF 2018選抜』として、私達がお招きいただきました。本当に嬉しいでーす!」と歓喜。

続いての曲はこちらですとコールし『重力シンパシー』を歌いげ、5曲目には福岡聖菜がセンターを務める『オネストマン』をパフォーマンスした。

akb48-15.jpg
akb48-16.jpg
akb48-21.jpg
akb48-24.jpg
akb48-26.jpg
akb48-27.jpg
akb48-29.jpg
akb48-30.jpg
akb48-32.jpg
akb48-33.jpg
akb48-42.jpg
akb48-39.jpg
akb48-43.jpg
akb48-44.jpg

向井地は「TIFにこうして初めて出させていただくんですけど、アイドルオタクでもあるので、今日のためにこの1ヶ月間ぐらい生きてきたので、本当に楽しみにしてました」と喜びを表現していた。

そして、6曲目には『転がる石になれ』。ラストは『ポニーテールとシュシュ』で飾った。

akb48-74.jpg
akb48-75.jpg
akb48-99.jpg
akb48-102.jpg
akb48-103.jpg

AKB48「TIF選抜」 ギャラリー

akb48-40.jpg
akb48-45.jpg
akb48-48.jpg
akb48-49.jpg
akb48-50.jpg
akb48-53.jpg
akb48-54.jpg
akb48-58.jpg
akb48-59.jpg
akb48-60.jpg
akb48-61.jpg
akb48-63.jpg
akb48-101.jpg
akb48-80.jpg
akb48-94.jpg
akb48-78.jpg
akb48-97.jpg
akb48-104.jpg

発信地・日本



関連記事

Dessartを友達に追加すると、特集記事が届くよ

友だち追加