_MG_4714f.jpg
<©️佐藤裕之/週刊ヤングジャンプ>

アンジェラ芽衣 ヤンジャンに再来

7月19日、タレント・モデルとして活躍するアンジェラ芽衣が「週刊ヤングジャンプ」33号の巻末グラビアに登場。

"黒船・再来"のキャッチコピーで一躍注目を集め、さらなる活躍が望まれるアンジェラだが、自身の気持ちとは裏腹に、水着での撮影は控えていたと告白。

アンジェラ曰く「その間に色々な成長が出来ていたんだなと、色んなことがこみ上げて来た撮影でした」と、苦悩の連続が成長に繋がったと話している。

苦悩の日々が成長に繋がる アンジェラ芽衣が再来できわワケ

アンジェラが『KUNOICHI(TBS系)』に出演した際のネット上での反応には「世間が魅力に気づいてしまった」「不意にTVで見かけただけなのに心を奪われた」など、その美貌に注目が集まった。

世間で注目を集めていることについて「そんな言葉私にはもったいないくらいですが、素直に嬉しいです!!でも、今の私に必要なのは「知ってもらう」ことなので少しでも知ってもらえてよかった。そしてKUNOICHI出演から、男女問わず応援していますって言ってくださる方が増えて本当に嬉しいですし、これからももっと頑張ろうって思えました。本当にありがとうございますの気持ちでいっぱいです!」と喜びと感謝をあらわに。

そんなアンジェラが巻末グラビアを務めた同誌では、水着とランジェリー衣装で登場。たわわなバストはもちろんのこと、磨き上げられた純白ボディを惜しげもなく披露している。

_MG_6929f.jpg
<©️佐藤裕之/週刊ヤングジャンプ>

アンジェラは、今号の「週刊ヤングジャンプ」に出演した感想について「久々のヤングジャンプ さんへの出演を果たせて嬉しいです。撮影の時に編集部の皆さんに「可愛くなった」「綺麗になった」「引き締まった」「成長した!」など褒めてもいだだけて…」と語った。

続けてお気に入りの衣装について「個人的一番はトレーニングウェアです!普段からジムに通って運動をしているので、私の日常生活に一番近い衣装なんじゃないかな?って思います」と説明した。

_MG_8187f.jpg
<©️佐藤裕之/週刊ヤングジャンプ>

また、水着の仕事をセーブしていた時期が続いていたそうで「元々デビュー当時から身体がむっちりしていてダイエットしなきゃ!と意気込んでいたのですが、次の目標としてモデルデビューをするという目標に向かった際、お仕事はセーブしながらモデルという目標に向かって毎日がレッスンという環境で...そのストレスで逆に太ってしまって、本当に落ち込みました」と当時を回顧。

現在は、パーソナルジムや食事制限などで体型を引き締めているとのことで、「あの時はもう精神的にも落ち込みまくってて『私一生変われないんじゃないか』とまで思っていたので、努力で自分を変化させることができて、またそれを認めてもらえて今回撮影が出来て本当に本当に嬉しいです」と喜びを表現した。

20180530_180704_0002.jpg

そのほか、今後の目標について「いつか日本を代表するようなモデルになって輝く!というのが目標です。その為にもっと体型を引き締めて、レッスンも頑張ってファッションもポージングもたくさん勉強して成長を重ねて…。今はまだ言えないけれど、何年かかってでも胸を張って「モデルです!」って言えるようになりたいです」と意気込みを表現。

また、「東京ガールズコレクション」のオフィシャルランニングプロジェクトとして発足したチーム「TOKYOGIRLSRUN」に所属していることから、「今年度中にはフルマラソン完走に挑戦したいと思っています!」と展望についても語った。



発信地・日本



関連記事

Dessartを友達に追加すると、特集記事が届くよ

友だち追加