2018grubee-2.jpg

「GRoovy」お披露目ライブ

6月24日、東京都「青山RizM」にて「まけんグミTHE☆LIVE」が開催され、ダンス&ボーカルグループ「GRoovy(グルービー)」が初となるお披露目ライブを行った。

「GRoovy」は、ミスヤングマガジンベスト16の黒木ひかり、元SKE48の竹内舞、メインボーカルのHikaru、パフォーマーとボーカルを務めるRinaの4人から構成されるグループで、1部の公演終了後に記者陣からの質問に答えた。

「涙出そうになりました」新人グループが初お披露目

結成の経緯について竹内は「プロデューサーの方がアイドルではなく、アーティストとして活躍していけるグループを作りたい。プロのダンサーとして普段活動している方や、歌える子をメインに作りたいんだって話をいただいて、このグループを結成しました」と説明。

続けて、衣装のコンセプトについて「可愛いと言うよりは、大人っぽくてセクシーな衣装が基本だと思います」と答えた。

2018grubee-2.jpg
2018grubee-3.jpg

代表曲について、Hikaruは「『ネバーストップ』はダンスがメインです。歌も英語でかっこいい感じの曲になってます」とアピール。2つ目の楽曲『明日のかけら』については「とにかく明るい歌です。歌詞の意味とかも考えて聞いてくれたら楽しい気持ちになると思います」

竹内も「『ネバーストップ』という曲はダンスナンバーになっていて、これが「GRoovy」の代表曲だよって楽曲になると思います」と解説し、続く『明日のかけら』についても「ファンと私達の応援ソングになっていて、あなたがいることで頑張れるよって曲になっています。ポップで明るい曲になるので、これからコンサートをやっていくにあたって、最後に(歌うのに)ピッタリな楽曲なんじゃないかなと思います」と笑顔で答えた。

2018grubee-6.jpg
2018grubee-7.jpg
2018grubee-8.jpg
2018grubee-9.jpg

また、『ネバーストップ』のパフォーマンスについて「手の振りがあるんですけど、手がネバーストップっていうわかりやすいし、みなさん真似していただけるような振りになっていると思うので、お客さんと一心同体で踊れたら嬉しいと思っています」とコメント。

『明日のかけら』については「あんまりハードじゃないんですけど、お客さんも簡単に踊れるような手振りが多いので、一緒に楽しめるんじゃないかなと思います」と熱心に語った。

2018grubee-11.jpg
2018grubee-13.jpg

最後に、第1部でライブ初お披露目した感想について「もともとあったグループとか、姉妹グループでしたってわけでもないので、本当に初めて誕生しましたってグループにファンがどれだけ来てくれるのか不安でいっぱいだったんですけど。ステージに立ってみたら(会場が人で)埋まっていて、それだけで嬉しくて涙出そうになりました」と心境を吐露した。

2018grubee-4.jpg

発信地・日本



関連記事

Dessartを友達に追加すると、特集記事が届くよ

友だち追加