SGP_7631f-e1526873449155.jpg

「ゼロイチファミリア」デザイン一新

現在、業界で注目を集めている芸能事務所「ゼロイチファミリア」の公式サイトが一新され話題となっている。

(サムネイル画像は(@nashiko_cos)Twitterより)

ミレニアルの象徴「ゼロイチファミリア」

「ゼロイチファミリア」では、タレントの加藤紗里をはじめ、"くびれスト"の川崎あや、Iカップグラビアアイドルの青山ひかるなど、2010年後半あたりからたびたび話題になる著名人が多く在籍。

最近では"美人すぎる現役ナース"として多くのメディアで取り上げられた桃月なしこや、"リア・ディゾンの再来"と評されたアンジェラ芽衣らも「ゼロイチファミリア」の所属だ。

DdNmRB6UwAAx3DR.jpg
Dd4A2vqVAAEDpSW.jpg
<左:アンジェラ芽衣 右:桃月なしこ>

近年では時代の潮流なのか、インフルエンサーと呼ばれるネット初の著名人が世間を賑わせている。

Youtuberやインスタグラマーといった新しいスタイルが若者に支持される中、まさに「ゼロイチファミリア」もミレニアルやティーン世代を代表する新しいタイプといっても差し支えないだろう。

例えば、桃月はタレントの前にコスプレイヤーとして活動しその後同事務所に所属。川崎も多くの自撮り写真をツイッターで公開し、多くのユーザーを虜にした。彼女たちに共通するのはネットを理解し、楽しみ、ファンに支持されたということだ。

DdhEVHtV4AALoKL.jpg
@kawasaki__aya

長らく芸能界ではネットで活動することをタブーとしてきた風潮がある。ネットインフラが整備されていなかったことも原因の一つだろう。しかしそんな時代も今は昔、現在はスマホで情報交換をするのが当たり前で、自分の近況をツイッターやインスタグラムに投稿する人が大多数だ。

そして、簡単に様々な情報に触れられるようになり、スマホと共に成長してきた若い世代の価値観が多様化。彼女たちは、時代が変わる狭間にネットを中心に活動し始めたのだから、現在の人気もうなずける。

これらを前提として「ゼロイチファミリア」の新デザインを見てみよう。

Ddy2iSwU0AE8b9z.jpg

添えられたハッシュタグに「時代を変えろ」の文字。「ゼロイチファミリア」の所属タレントを表す象徴的なキャッチコピーは、彼女たちのバックボーンを考えれば当然とも思える一言である。

新デザインが発表されると、桃月は「つよそう」川崎は「ここでなら変えられる気がする」青山は「みんなでこれからも盛り上げてくぞ」女優・グラビアとして活動する黒木ひかりも「みんなで時代を変えていこう!!!!!!(`・ v ・´)vブイッ」と、それぞれ自身の個性を出したコメントを投稿。まさに「ゼロイチファミリア」といった様子だ。

時代を象徴する事務所に果たしてなれるのか。彼女たちが所属する「ゼロイチファミリア」に、今後の期待が集まる。



発信地・日本



関連記事

Dessartを友達に追加すると、特集記事が届くよ

友だち追加