l_651n01D8964.jpg

カエル混入「チーズINハンバーグ&海老フライ弁当」

5月20日、とあるツイッターのユーザーが、ファミリーレストラン「ガスト」の宅配サービスを利用したところ、注文した弁当の中に死んだカエルが混入していたと自身のツイッターに投稿。すぐさまネットを中心に話題となった。

この騒動を受け、運営会社のガストは、オフィシャルサイトで謝罪文を発表した。

(サムネイル画像は(チーズINハンバーグ&海老フライ弁当)Dデリバリーより)

運営会社謝罪 同様の混入事案は確認されていない

5月20日夜、とあるツイッターユーザーが、ガストのメニュー「チーズINハンバーグ&海老フライ弁当」の中に、死んだカエルが混入していたと投稿。問題の画像では、付け合わせのサラダの中で死んだ緑色のカエルが映っており、異物混入問題としてSNS上に広まった。

5月22日、この事態を受け、ガストの運営会社「すかいらーくレストランツ」は、「異物混入に関するお詫びとお知らせ」と題し、カエルが混入した事実を認め「お客様にはご迷惑とご心配をおかけいたしましたことを心より深くお詫び申し上げます」と公式謝罪文書をオフィシャルサイト内で発表した。

e4546d94dcc572a5fb7680af9b447d0a.png
https://www.skylark.co.jp/gusto/index.html

お弁当を購入した男性は、すでに店舗の責任者から直接謝罪を受け、返金対応が行われたとツイッターに投稿。今回の騒ぎを「自作自演」ではないかと疑うユーザーに対し、投稿者の男性は、「実際入ってたから」「有名になりたいが為にする訳ないだろ」などと反論している。

ガストの運営会社は、今回の混入問題を熊本市保健所へ報告。原因については現在も調査中であり、同様の混入事案はまだ確認されていないとNHKのウェブ版が報じている。

ツイッターでは、「この度は大変でしたね」「大丈夫でしたか?」「衛生上ホンマやばいな」などの声が上がっている。



発信地・日本



関連記事

Dessartを友達に追加すると、特集記事が届くよ

友だち追加