2018Challenge-7.jpg

俳優・荒牧慶彦が編集長 記念握手会に登場

4月29日、俳優が企画やコンセプトを考えて製作したムック本「シリーズ編集長『Challenge』」の発売記念握手会に、荒牧慶彦が出演。記者陣の囲み取材に応じた。

ショットガンに挑戦

荒牧は、ミュージカル『テニスの王子様』で甲斐裕次郎役としてデビューを果たし、『忍たま乱太郎』『BLAZBLUE』など、2.5次元と呼ばれるコミックやゲームを原作とした舞台で活躍する俳優。

そんな荒牧が手がける「シリーズ編集長」の第一弾となるムック本『Challenge』では、その名の通りチャレンジをコンセプトに製作されており、自身が考えた企画に“挑戦”する内容となっている。

2018Challenge-13.jpg
2018Challenge-12.jpg

挑戦した7つの企画のうち、一番のおすすめは「スキューバーダイビング」と話す荒牧。おすすめのショットについて尋ねられると「ウミガメと一緒のショットとか、インストラクターさんが『奇跡だ』と言うくらい稀に撮れたショットだったので、それが一番の自信作です。この写真は当たり前のように撮ってますが、奇跡なんだよってことを知ってもらいたいなと思います」と、見開きのページを見せた。

2018Challenge-10.jpg
2018Challenge-9.jpg

また、同書では射撃にも挑戦した荒牧。感想を尋ねられると「実弾射撃自体は、写真集を出した時の自由時間にやらせていただいたんですけど、その時撃ってなかったショットガンをやらせていただきました。反動がめちゃくちゃヤバくて肩が持ってかれるかと思うぐらいやばかったです。」と、目を輝かせながら撮影を振り返った。

2018Challenge-11.jpg

そして同書に点数を付けるとしたらとの質問に、荒牧は「僕が予想していたよりも、カメラマンさんだったりデザイナーさんだったりのおかげで出来上がったので、220点ですね」と自信たっぷりに宣言。

2018Challenge-3.jpg
2018Challenge-1.jpg

荒牧は最後に「僕自信が全ての企画を考えて一つの本を作り上げました。この『Challenge』を見れば、俳優・荒牧慶彦の全てがわかるようになっておりますので、ぜひこの本を読んで、俺のことを知って頂けたら嬉しいです。よろしくお願いします。」と、記者人の取材を締めくくった。

2018Challenge-6.jpg
2018Challenge-8.jpg


発信地・日本



関連記事