top_001.jpg

猫になれる『人間用ペットハウス』発売

アイデアグッズブランド「BIBI RAB(ビビラボ)」より、まるで猫になったような気分でくつろげる『人間用ペットハウス』が発売される。

「猫になりたい」願望を叶えるために開発

「人の欲望に忠実に」という開発ポリシーに沿って、セーラー服型のパジャマ「セラコレ」や、人型部屋着「着る毛布」を展開し、現代人の潜在的欲求を叶えてきた同社。

同社が独自のアンケートを実施した結果「人は日常生活に疲れた時に猫の生活を羨ましく感じ、猫のように気の向くままに日向ぼっこや昼寝をしたい」「何をしても可愛がられる存在になりたい」などの心理が判明。

f00_nekoninariai.jpg

そこで、猫になりきってありのままの自分を解放する時間を持てれば、多忙でストレスフルな生活を送る現代人が癒やしを得られるのではないかと、同社が発案。 猫好みの仕様を細部まで取り入れた「人間用ペットハウス」を発売する運びとなった。

f01.jpg

同商品は、実際にペット用グッズを生産する工場の協力を得て、⽣地・形状・デザインに⾄るまで猫用ペットハウスの仕様を取り入れつつ人間用にリサイズ。

狭いスペースを好む猫の性質を踏まえ、人も適度な狭さを体感できる大きさに仕上がっており、一般的な猫用ペットハウスの約6倍に当たる縦80×横80×高さ65cmで設計されている。

f01-1.jpg
f07.jpg

さらには、猫が甘えた気分のときに行うと言われる「ふみふみ」する動作のため、本製品には柔らかなボア生地のクッションが標準付属。「ふみふみ」する動作を真似することができる。

f10-1.jpg

同商品の内側には手触りが良い起毛生地を採用し、外側には滑らかなショートボア生地を使用。内からも外からも柔らかい肌触りを楽しめるようになっている。

f09-2.jpg

また厚さ約3cmの綿入り壁面が、周囲の光や音を程よく吸収。 適度に外界と遮断された環境でスマホやゲームを楽しむもよし、アンモナイトのように丸くなる"ニャンモナイト"化でお昼寝するのもよし、猫になった気分でゆったりと過ごせる作りになっている。

f11.jpg
f12-2.jpg

同商品の発売を受け、ネット上では「人間用ペットハウスというワードのつよさ」「人間用ペットハウス欲しいw」「人間用ペットハウス(意味深)」「どうせリア充はこの人間用ペットハウスでにゃんにゃんするんだろ!」「人間用ペットハウスって響きがなかなかカオスだけど良い。」など、さまざまな声があがっている。

商品概要

【ブランド名】BIBI LAB(ビビラボ)
【材質】本体(側生地・裏地・芯材):ポリエステル100%
【商品名】人間用ペットハウス
クッション(カバー・中綿):ポリエステル100%
【型番・カラー】PHC-80-PK、本体:ピンク、クッション:ホワイト
【希望小売価格】オープン価格(税別参考価格11,700円)
【サイズ・重量】本体:W800×L800×H650mm、クッション:W800×L800mm、2.9kg 【製品ページ】http://www.bibilab.jp/product/phc80/



発信地・日本



関連記事