25a9bb773226e74edd90a8646ccb3fa5.png
<引用元:長濱ねる 広報で検索した商品一覧 -メルカリ スマホでかんたん フリマアプリ>

長濱ねる表紙の長崎市広報誌 転売される

4月19日、アイドルグループ欅坂46のメンバーで、長崎市出身の長濱ねるを表紙に起用した同誌の広報誌がインターネットオークションで出品されていると話題になっている。

800円の出品も

同誌は16万部を発行し、多くの公共施設などで無料配布していた。「SANSPO.COM」によると、「有料で買わず、市に問い合わせてほしい」と、注意を呼びかけている。
また、同誌に転売禁止の記載をするなど対策を検討中とのことだ。

「有料で買わず、市に問い合わせてほしい」と注意を呼び掛けている。

欅坂46・長濱ねる表紙の長崎市広報誌が競売出品 - 芸能社会 - SANSPO.COM(サンスポ)

フリマアプリ「メルカリ」にて当該の広報誌を調べると、50件近い出品が確認された。一冊あたりの値段は300円から500円ほどが多く、中には10冊セットで800円の出品なども見かけられた。

58bfc7773df454c76af6b2bebaaccc7d.png
<引用元:長濱ねる 広報で検索した商品一覧 -メルカリ スマホでかんたん フリマアプリ>

この報道を受けてネットでは「海外のファンにとっては、ちょうど日本に行く友達がいなければ、普段はオークション代行で入手します。手数料と送料は高いけど」「ニュースになるんだってシンプルに驚いた」「売れるから仕方ないなあ。長崎県も有料で売ったら大儲けやったやろうに。」「数百円の値がつくってすごいな」「転売ヤー怖いわ」など、さまざまな意見が飛び交っている。



<文・デザート編集部>

関連記事