DauwUe2V4AARrKk.jpg

秋元真夏「名刺」について満点の回答

4月14日、ニュースバラエティ番組「池上彰のニュースそうだったのか!!(テレビ朝日系)」に乃木坂46の秋元真夏が出演。「名刺」についての自身の見解に称賛の声が寄せられた。

(サムネイル画像は(@nogizaka46)Twitterより)

秋元真夏「相手の心に刺さるように渡す」

「池上彰のニュースそうだったのか!!」は、最近話題となった"知らないと恥ずかしくて言えないニュース"の数々を、池上彰が基礎からわかりやすく解説するニュースバラエティ。乃木坂46の学力テスト企画などで上位の成績を収めている秋元がパネリストとして出演した。

同番組の1コーナーにて、「名刺」が「紙」ではなく「刺」と書く理由についてパネリストたちがそれぞれの考えを主張。お笑いタレントのカンニング竹山は、「サラリーマンにとっては刀みたいなものじゃないですか。」と答えるも、池上は「違います」とバッサリ。

秋元は「私だったら、秋元真夏という自分の名前を相手の心に刺さるように渡す」と意見を主張し、共演者たちから「アイドルっぽいなー!」「素敵」など称賛の声があがった。

2017nogizaka_tif_3day-102.jpg

ファンからも「真夏さん的な名刺の解釈よかった」「ハートにずっきゅんするのか。笑」「真夏は名刺を人の心に刺さるように渡す」「アイドルとして100点満点の回答」など、アイドルらしい回答に大きな反響が寄せられた。

<文・デザート編集部>

関連記事