1232.jpg

人気YouTuber宅にストーカー侵入、はじめしゃちょーの悲劇

静岡県在住のYouTuber・はじめしゃちょーさんの自宅にストーカーが侵入したとして、12月25日(月)ストーカー規制法違反と住居侵入の疑いで、千葉県市川市の派遣社員の女(29)が現行犯逮捕された。

人気YouTuberの悲劇に、ネット上では一時騒然となった。

はじめしゃちょーは「いろいろあって怖かったけど、元気です」とTwitterで報告。その後、自身のYouTubeチャンネルの動画にて、当日の恐怖体験を明らかにした。

(サムネイル画像はストーカー逮捕の件について。ふざけんじゃねえ - YouTubeよりスクリーンショット)

「10秒くらい全く動けなくて」恐怖体験明かす

動画では、逮捕までの経緯や手続きの手順、”もしもの時のために"と詳細が語られた。

事件があったのは、クリスマス当日、25日午前4時15分ごろ。

カメラを回していたようで、通報から逮捕までの一部が映像で公開に。「いま、パトカーつきました」「これ、即逮捕ですよね?」と警察との緊迫したやりとりも。

2017年11月22日公開の動画「ストーカー被害にあったので警察に通報しました。」で、被害にあったため、警察署に通報したことを報告。

女は、つきまとい行為の”禁止命令”を受けていたにもかかわらず、自宅に押しかけ侵入。「会う約束をしていた」と一部容疑を否認しているという。

自宅には、防犯カメラも設置していていたため証拠提出もスムーズだったというが、一睡もせず取調室で対応に追われたというはじめしゃちょーさん、疲労感たっぷり。「僕のクリスマスはほぼ警察署」と憤慨。

この日は友人といたというが、実際に知らない人が部屋に入ってきた時の状況を「一人だったら、固まって通報とかできなかったと思う」「本当に10秒くらい全く動けなくて、恐怖」と自らの恐怖体験を報告し「みんなも気をつけて」と呼びかけた。

おすすめ記事