1209.jpg

YouTubeで振り返る2017年。「YouTube Rewind」発表

YouTubeが、2017年にもっとも話題になった動画トップ10を発表した。これは、2017年にアップロードされた動画の中から全世界で話題になった動画を振り返る特別企画「YouTube Rewind」のグローバル版として、毎年公開しているもの。

再生回数だけでなく、評価、コメント数、シェアされた回数などをさまざまな要素をもとに総合的にランキング化。「音楽」と「音楽以外」のジャンルが用意され、グローバルトップトレンド動画として公開している。

音楽以外:1位はなんとタイの”のど自慢”動画?

トップ10の動画の総視聴回数は合計で6億3300万回。昨年より8300万回増加した。

2017年、世界で最も話題を集めた動画は、タイのテレビ番組「The Mask Singer 2」よりのど自慢の映像。ゲストが覆面で歌唱するという番組だ。「牡蛎」の仮装をしているシンガーは、実はタイのトップスター。

視聴された回数は1億8,100万回をマークした。

ほか音楽以外の部門では、4位に12歳少女のオーディション動画、10位にBCCの生放送中に赤ちゃんが侵入してくる珍映像がランクインした。

音楽部門:YouTube史上最高!MV「Despacito」

2017年1月に公開されたLuis FonsiのMV「Despacito ft. Daddy Yankee」。

ジャスティン・ビーバーがコラボとして参加しているこの楽曲のMVは、南米を中心にヒット。公開からわずか6ヶ月で25億回以上も再生されており、今年中に記録を塗り変える最有力候補ビデオとして注目されていた。(2017年7月時点)

ぐんぐん累計視聴回数を伸ばし、現在44億回を突破。YouTube史上もっとも再生回数を記録している。

同時に、2017年に話題となった動画、人物をまとめた「The Shape of 2017」も公開。日本からは、最も重要なクリエイターとして、バイリンガールちか、HIKAKIN、かわにしみき、おるたなChannel、キヨ、スカイピース、はじめしゃちょー、フィッシャーズ、水溜りボンドがら掲載された。

なお、日本国内のランキングは12月17日に発表される予定。YouTubeが大いに盛り上がった2017年。ファンは必見だ。

YouTubeの話題、追えてる?