1.jpg

お祭りで15万円分クジを買い占めた YouTuberヒカルさんの暴露動画

お祭りの屋台で販売されているクジを約15万円分買っても当たりが出なかったという動画が話題になっている。

一向に高い数値がでない...お祭りクジ屋の闇を捉えた

話題となっている動画は、関西を中心に活動する人気 YouTuber のヒカルさんが自身のチャンネルで公開したもの。

クジに当たりがあるかを検証するため、実際にお祭りの露店に出向いたヒカルさん一行。その露店の景品には、「Nintendo Switch」や「Playstation VR」などの高額商品が陳列されていましたが、15万円分のクジを買い占め延々と開封してもその特賞の番号が出ることはありませんでした。

動画によると、クジの料金は1回300円。 引いた数字が1~30までがD賞(残念賞)、31〜60までがC賞(カゴ賞)、61〜80までがB賞(ゲームソフト、ラジコン、エアガンなど)、81〜99までがA賞(好きな商品)、100が特賞(WA賞)と番号順に景品も高額になっているようでした。81以上で「Nintendo Switch」や「PSVR」がゲットできる設定だったのですが、この露店から81以上(B賞)のクジがでることはなかったようです。15万円分やっても出ない...!

クジの検証についても衝撃の事実ですが、途中露店の裏から関係者?と見られるおじさんが登場し「おちょくった様なことすんなや!」などと緊迫した様子も捉えられており、見応えのある映像に。映像でヒカルさんはいっこうに高い数字が出ないことについて「当たりは絶対に入ってるんですよね?」と店主に問いかけると「ワシら少なくなったら足していくだけや!」と説明していました。

15万円で当たりなしはさすがにおかしい ネットでも不信感

4月3日(月)に公開された動画は、投稿からわずか2日で590万回以上も再生されるなどして大反響。

ネット上では「子供のころくじ引いてたのがバカバカしくなりました笑」「最高の動画でした。 『どうせ入ってない』という予想しか出来なかったあの頃...遂に本当なんだという事が証明されて、少し晴れ晴れしました。」「ソシャゲのガチャなら大ニュース」「当たりのないくじ引かせて子供から数百円むしりとるの闇深すぎ…」など様々な意見が飛び交いました。

実際2013年には、大阪の夏祭りの露店で当たりが入っていないクジを引かせた、客の通報によって詐欺容疑でアルバイトの男性が逮捕されたという事例も。今回の露店では、出ることがなかったB賞以上の”当たり”クジ。実際のところ、全てのクジやがこれに該当するとは限りませんが、子どもたちはがっかりな検証映像だったに違いありません。ネット上でも「非常に悪質」とみなす声が多く上がっているため、ヒカルさんが今後どのように動くかも注目が集まっています。