2016年12月18日(日)
電波少女ヒッチハイク38日目
岡山〜鳥取の日。

ヒッチハイクを再開しようとしたところ
前日岡山まで送って頂いた方の車にメガネを忘れてしまっていたようで
その方がたまたまお休みだったから届けてくれて
そしたらそのまま途中まで送ってってあげるよと
次の目的地鳥取の手前、津山市と言うところまで進む事が出来た。

本当にどこまでも優しい方で、更にご迷惑までおかけして申し訳なかった。

そこからは、ゲームセンターへよく遊びに行くと言う同世代くらいの男性二人組が乗せてくれて
夜には鳥取にて、路上ライブを行う事が出来た。


2016年12月19日(月)
電波少女ヒッチハイク39日目
鳥取〜島根の日。

前日に別ミッションが入り、この日はスカイダイビングをした。
もちろんその過程で色んな感想はあるんですけど、まとめて考えると今回は普通に楽しかった。笑


夕方は暗くなる前にヒッチハイクを再開。
この日は、鳥取から島根の結構な距離を一発で移動する事が出来たから大きかった。

乗せてくれたのは、現在62歳と言う年齢ながらも
僕らが好きなような趣味や音楽をたくさん嗜んでいる優しいお父さんでした。


この日も夜には路上ライブを終える事が出来たのですが
車の揺れからか、激しい荷物の出し入れからか、ギターが折れていた。汗

そして路上では久々に注意され移動があったりと、踏んだり蹴ったりだったなぁ。


つづく。

2016年12月17日(土)
電波少女ヒッチハイク37日目
香川〜岡山の日。

そういえば一つ抜けていたが、
前日の高松着いてすぐに別ミッションで肝試しに行った。

それが以前ビワイチと一緒になっていると言うスピンオフ動画でこちら。
肝試しの方のなんか声が聞こえたよね事件はガチすぎるので、まじで怖かったです。


そしてこの日は、まず香川県名物のうどんを食いに行きました。

投げ銭で生活している僕たちでも食えるほどリーズナブルなうどんが名物になっている香川は最高だなと思った。


昼過ぎには路上ライブをしたのだが、ハシシのいとこや親戚が来ていて、ユーモア溢れるご家族だった。

さすがだなと思った。


暗くなる前にはヒッチハイクを再開。

インターまで奥さんを忘年会へ送った帰りだと言う40代くらいの男性と
そこから倉敷まで帰る予定を変更し岡山まで送ってくれた建築重機を扱う仕事をしていると言う男性に乗せてもらい
無事、岡山県へたどり着き、夜のうちに路上ライブまでする事が出来た。


中国地方へ突入。


つづく。

2016年12月15日(木)
電波少女ヒッチハイク35日目
徳島〜高知〜愛媛の日。

徳島から高知もヒッチハイクは一発で行けた。
競輪の元選手で、現在は競技審判をされていると言う40代くらいの男性だった。

降りる時、
これ貰ったんだけどいらねーからあげるよと言われ渡された"ちくわ"が
後に今後のヒッチハイクに大きな影響を与えるとは、思いもしなかった。


高知では駅近くで無事に路上ライブを終え
夕方か夜か微妙な時間だったが、ヒッチハイクは再開した。

最初は割とすぐに
近いけど、インター前までだったらと40代くらいのお母さんが乗せてくれたが、
その後からはなかなか止まって貰う事が出来ず、夜も12時ぐらいになり諦めかけたところ
最後の最後で、これから彼氏に会いに行くところだと言う同世代くらいの女性が乗せてくれて、
目的地の愛媛県の松山までは到着しなかったものの愛媛県の新居浜と言うところまでは近づく事が出来た。

ただ、その頃にはもう深夜の1時をまわっていた為
この日は近くの漫喫へ宿泊。


2016年12月16日(金)
電波少女ヒッチハイク36日目
愛媛〜香川の日。

前日が遅かった事もあり、
この日はお昼頃に出発しヒッチハイクを再開。

泊まっていた新居浜からは、たまたま転勤で近くで働く事になり
探検がてらドライブをしていたと言う同世代くらいの男性が乗せてくれてすぐに愛媛に到着する事が出来た。

路上ライブは明るいうちに出来たので、
夕方からは次の目的地へ向かおうと言う話をしつつも
溜まっていた洗濯物を洗おうとコインランドリーへ向かった先で
冒頭に出た"ちくわ"をきっかけに事件は起きた。

それは頂いたちくわが高級なちくわで、
太くて弾力があって、それが10本入っていたのですが
些細な会話から、1時間以内で全部食いきれるかどうかと言う話になり
俺があまりにも余裕で食べれると言い切るもんだから
実際に俺が食べれるかどうかのチャレンジをする事になりました。

ぶっちゃけ3本食ったところでこれ無理やって思ったね。

詳しく見たい方はぜひ動画を見て頂ければと思うのですが、
圧倒的敗北をし、勝負でかけていた、
九州入るまで一人ヒッチハイクを僕がする事になってしまい、
この日から九州までのヒッチハイクは全て僕がやりました。


この日は、
インター前まで、ドライブデートをしていたアングラヒップホップ好きの少し上くらいのカップル、
趣味でバスケ観戦をしに行ってた帰りだと言うこれまた少し上くらいの音楽好きの男性が乗せてくれて
無事に香川県は高松市に到着する事が出来た。


つづく。

↑このページのトップへ