・惑星エッドンに到着したドン!
0502_1.JPG
・エッドンは「カブキ」とか「ラクゴ」とか「ミンヨウ」とか、伝統的な娯楽が多く下町のエッドっ子らしさを感じるドン。

・ちなみに「下町」を英語で「downtown」?と思い込みがちだが、「downtown」は都心部を表す真逆の意味になってしまう。アメリカでは丘の上側に住宅地を作るから「uptown」が対にあるが、ここで言う「下町」のニュアンスは「old town」が一番近いみたいだ。
・しかしこんな豆知識は宇宙空間では役に立たない。重力が無ければ「上」も「下」も無いのだから……。
・私が発した軽快な宇宙ジョークは真っ暗な星空の彼方へ吸い込まれ消えていった。

0502_2.JPG
・エッドンは我々の太陽系のすぐ近くだから、来賓や、探査の様子を地球へと伝えるべく収録チームも駆け付けてくれていた。
・いつもと違う緊張感で、小さな波乱(シロップ事件、MC忘れなど)が多かった気がする……久し振りのツアーゆえに波が大きいというか、新体制で固まりきっていない部分。日々変化していくこともツアーの面白さである。
・次の惑星マシ・ローヒでは、さらに先々の惑星では、また違った探査になるだろう。

0502_3.JPG

記録係B