・ソルジャー文体(仮)について、意外に「続けてみたまえ」という反応をちらほらいただいたので、もうしばらく続けてみる。
・毎回テーマを探してうまいことまとめるのも大変なので、淡々と箇条書きで済むのは助かるかもしれない。

・さて、我々コスモツアー 〜惑星探査〜の旅は順調に2つめの目的地を探査完了した。以下報告。
・惑星バライスキーには緑に溢れる豊かな土地が広がっている。

0429-01.jpg

・実際に、この銀河系でも有数の農業地帯とのことである。メロンやピーマン、芝の産地もあるらしい……緑色。
・他に調べると栗、レンコン、干し芋。豆を発酵させたすごい臭いの加工食品も知られているが、今度は茶色ばかりだ。
・緑と茶色……なんだか地味で素朴なイメージが強いが、それはそれで特色があるということである。

0429-02.jpg

・バライスキー出身の根本隊員が盛大な祝福を受けた。こうして親族や友人たちに晴れ姿を見せられるのは素晴らしいことだ。
・きっと安心してこれからの任務も同じ宇宙から見守ってくれるだろう。
・余談:実は筆者もバライスキーの辺境出身であるが、なかなか地元に錦を飾るとか親孝行というのはできていない。せめてたまには顔を出さなきゃと思う。

・このあとは高速VAVUワープ航法によりかなり連続して『エッドン』〜『マシ・ローヒ』〜『カサ・O』〜『ミーヤ・1』を巡る予定である。一期一会の探査を大事に!

記録係B

○着陸
・大阪城基地でのシャトル打ち上げから約4ヶ月半かかり、第一探査対象の惑星ポロー・サに到着。
・気象条件はどことなく地球の北海道札幌市に似ているようで、涼しい。
・これから巡る各惑星のレポートは主に乗員Bが担当する。

○グルメを求めて…
0423-1.jpg
・たこやき味、プリン味、チョコ味という偏った宇宙食の繰り返しでつらくなっていた我々は、まず食材調達に出かけた。これこそ探査ツアーの大きな楽しみである。
・この星の肉、海産物、野菜は何でもウマい。ラーメンのようなものも3回ほど食し、こころなしか地球よりも強い重力をお腹周りに感じる。

○いざ、実地調査
・未知の惑星における活動はチームワークが問われる。
0423-2.jpg

・まだまだひよっこ乗組員の鹿目、根本。初めての後輩をまとめようと立ち回る藤咲。その様子を優しく見守るさらに上の先輩たち。実にほっこりする場面である。
0423-3.jpg

・メイン探査チームの7人が降り立つと大きな歓迎を受けることができた。噂通りとても友好的で安全な星と認められる。
0423-4.jpg

・離陸の際にも色とりどりの光信号で見送ってくれたのを機内のモニター越しに確認し、我々は大いに喜んで次の旅路への活力を得た。
0423-5.jpg

○7月まで続くよ
・ネットで話題の文体を意識してみたが、コスモツアー先は長いので次からおそらく普通に戻る。
・ポロー・サから地球時間にして2週間ほど航行したら、4/28 惑星バライスキーに到着予定である。
・根本隊員はバライスキーにゆかりがあるらしく、里帰りを楽しみにしていた。カワウソに似た顔の種族がたくさんいるのだろうか?

(by スタッフB)

おひさしぶりです!スタッフBです。大阪城ホールより、ビッグニュースをお届けします!

と、切り出してはみたものの、内容につきましてはプレスリリースと各種報道をすでにご覧いただいたとして……。

20171230-1.jpg

2017年、何なんだ!

ほぼ丸1年、活動の軸であったライブをお休みすることになった間は、待っていてくれたファンの皆様と心は同じくチーム一同もどかしい気持ちでありました。

年末最後の最後で劇的カムバック!に向けての日々もまた、そわそわし、時にくよくよもし、ドキドキして、そしてワクワクさせたいと思いました。

20171230-2.JPG

未来は誰にもわからない。なら飛び込んだ方がおもしろい!

そんな歌を6年前にポンと託されてからというもの、振り返ればきっと平らなだけの道は選んできませんでした。

新たな出発の日に過去を語るのは野暮ってもんですが、それなりに短くはないグループの歴史上、これまで数度あった転機にはいつも「1人見送ると2人やって来る」ふしぎな法則もあったり。

IMG_6782.JPG

運命のいたずらなのか、必然の出会いか。かつて「でんぱ組.incに救われ、憧れて」この世界に飛び込んだと常々語っていた ねも&ぺろりん。

そんな未来が、もう来ちゃってる。やだ焦る。

20171230-4.jpg

でもそんな2人との旅はまだやっと打ち上げ地点。何しろ6年ぶりの新体制なので慣れるまでは時間がかかることでしょう。これまでの6年が(その前も、もっと昔も)少しずつ大切な記憶に変わっていったように。

(最上は元気かなぁとLINEとブログチェックするし、跡部はどんどん立派な社会人になるなぁとか、あかり生きてるかなぁと未だに気になってしまう……笑)

困難なミッションに乗り込んでくれた2人の覚悟は計り知れません。むしろその力を借りる勢いで、でんぱ組.incの新年はロケットスタートで誰も見たことない時代へ挑戦していきます。いきなりスピード出し過ぎてるので、まずはゆっくり見守っていただければ有り難いです。

20171230-5.JPG

20171230-6.JPG

20171230-7.JPG

20171230-8.jpg

我々としましては、皆様のおかげでこの先を続けられることの幸せに尽きます。

予定もいろいろ決まっておりますので、よければ未来でお会いしましょう。

↑このページのトップへ