0626-1.jpg

0626-2.jpg

・2度目のトーキョー銀河系探査。我々の拠点からも非常に近いのでいろいろ楽なのである。
・と、タカをくくっていると移動が少ないだけで、最後まで衣装や備品のバラシまで行うマネージャーチームは結局のところ終電近い退勤時刻となっていた。
・終電?終宇宙船?
・いつもお疲れ様です。

0626-3.jpg

・オペラ劇場のような円筒形のバルコニー客席、壁のように迫るペンライトは圧巻。まさに宇宙的。ガンダムでいうとコロニーレーザー発射できそう。

0626-4.jpg

・年々、古川隊員が相沢隊員にだけ甘えるようになってきている。これは成瀬隊員の考え過ぎではない。気がする。
・2人組で『Secret Snow』歌っていた頃はお互いそんなでもなかったのに。
・以上業務報告。

0626-5.jpg

・早いもので、コスモツアーも残す惑星あと2つになってしまった。1年ぶりのツアーなのに、あっという間で寂しい……。
・本当に?本当に終わっちゃうの?
・ご安心ください。『未知との遭遇』編がすぐに始まるのだ。
・ところで気になることがあるのだが……それは次回書くことにしよう。


記録係B

・この日、気圧が低くどこかいつもより静かな気がした楽屋で不意に

成瀬「オッケーグーグル」
全員「……えっ?」

0620_1.JPG

0620_2.JPG
「えいそ、それGoogle Homeやない。BOSEや!!」

0620_3.JPG
・おかげで(?)みんなテンション高く楽しい探査ができたようだ。
・1人だけ重力の影響が少ない成瀬隊員

0620_4.JPG


記録係B

0617-1.JPG

・ワープトンネルを抜けると、そこは惑星ダインセだった。
・おひさしぶり。我々でんぱ組.incクルーはいろいろあって惑星探査の旅(コスモツアー)の最中であり、このレポートは記録係Bが宇宙からお届けしている。
・通信技術は進歩したものだ。SNS見ちゃお。

0617-2.jpg

・SNSと言えば、ぺろとねもの『教えて!先輩』のコーナーがTwitterにて質問ネタを募集中だ。
・(これまでは事前に指名していたが)「集まった質問によって誰に聞くか決めるの直前になっちゃいそうです!」とのことで、先輩たちはタジタジしていた。
・次回以降も引き続きハッシュタグ「#教えて先輩のコーナー」宛てにご協力を。

0617-3.JPG

・さて、なにしろ約40日ぶりの探査活動である。身体のなまり、ペース配分、パフォーマンス精度。少しのミスが事故に繋がりかねない高速かつ複雑なフォーメーション……。
・本人MCでも言っていた通り「いつもの倍の時間リハーサルを」入念にするぐらい、1回1回がハードワークなのだなあと改めて感じた。

0617-4.JPG

0617-5.JPG

・なんだか楽しそうだけど。
・某曲でのタオル使いは今回も事故った。
・ライブはナマモノ。特にタオルはナマモノ。

0617-6.JPG


・惑星ダインセにはもう一度やってくる。スーパースターふなっしー氏率いるゆるキャラ本格メタルバンド CHARAMEL さんとの『未知との遭遇』。人型ですらない。まさに宇宙的出会いだ。
・かねてより成瀬隊員が(異様なハイテンションにシンパシーを込めて)ふなっしー(Vo)推しなのは有名だが、夢眠隊員はにゃんごすたー(Dr)推しと言っていた。新事実。
・『未知との遭遇』シリーズは文字通り「これまでツーマンさせていただいたことのない」アーティストから、実はメンバーそれぞれの希望であったり由縁をもとにお招きしているので、その理由をどこかで紹介できるといいですね、と関係者には話した。
・ダインセの皆様、来月の再会をお楽しみに!

↑このページのトップへ