またもや思い出したくないジャッジ、なんであれがPKじゃなかったのか?
翌日の他試合では、ほぼあれと同じ状況がPKになったのは審判団の忖度なのかなぁ。
とにかく負けなかったことは、ヨシ!としよう。
京都はウタカ選手、バイス選手に気を取られてると他の選手にやられるな〜と思っていたら…やっぱりそうだった。

去年、レンタルで新潟にいた荻原選手にやられた。
恩返しゴール?なんでそんな良いゴールを去年うちで決めなかったんだよ!
プロ初ゴールだなんて…また初モノか

前半はこれ以上の失点は許されない、安定しないジャッジにも揺さぶられ我慢するしかなかった。
後半少し疲れてきた京都、そこを突いていこう。
そして京都ゴール前で藤原選手が受けたファール、完全にPKに見えた。

でもならない。京都の選手も監督も、いろいろとしぶとい、強くて上手い。

もうこのままか、無理なのか?
やっと高木選手が蹴ったシュートは京都のGKが掴み損ねてゴールへ入った。
やっと追いついた!
アディショナルタイムは長かったけど逆転できず、そこはまだまだ新潟が足りないところ。

試合中も叫ぶアルビサポ、ベンチスタッフ、試合後には京都サポが規制エリアを越えて乗り込んで来たという…
昔だったら乱闘になっていたかもしれない。
とりあえずは3位で中断期間に入れた。
選手らはゆっくりとオフを楽しんでほしい。