秋田とは初対戦。

前半ボールが下あごに至近距離で直撃、脳震盪で救急車に乗った新潟の三戸選手。大怪我じゃなかった事に安堵した。

秋田はガツガツ速い。ロングスローと縦パス。あまりパスは繋がない印象。
そして監督の話し方が独特。

初モノとは相性がイマイチだから心配していた。
月曜に試合があったのはこの試合だけ、他のサポもDAZN見てるのか?アクセス集中?しょっちゅう画面がクルクルと止まった。

秋田は栃木とスタイルが似てる、でも高さが足りないかな。
不器用に真っ直ぐ走り続けるタイプ。ちょっと懐かしかったな、昔アルビもそうだった。
前半のアディショナルタイムに、三戸選手の交代で入った本間選手が先制点。
新潟のリズムで前半は終えた。

しかし後半、秋田の攻撃が縦に速いだけでなく少し繋ぐように。
オフサイド判定など何回か肝を冷やす攻撃をされた。

でも交代で入った矢村選手が追加点を決めて、無失点で勝利した。

交代出場した選手がしっかり得点してくれて、凄く効き目がある交代だった。

月曜夜にアウェイ遠征してくれた約900人のサポは、声の出せない歓喜を上げた。

順位は変わらず3位、でも勝ち点は1点差。上位にかじりついて行こう!