ウイルス騒動のせいで、アルビがゴタゴタしてる。

選手は感染予防で試合がないから練習もないし、サポもチケット買えないからクラブにたくさんはお金を使えない。
トップチーム以外にも影響拡大でU15の監督が突然交代。
新聞には、看過できない重大な契約違反があったと…それは何?

是永社長の説明も具体的には言えないらしい。インスタライブもハッキリしなかったな…

新潟のウッチーこと内田潤さんは鹿島から来てアルビで引退、アルビの芯みたいな選手だった。

クラブ側とウッチーの言い分が噛み合わない。これからどうなるんだろうか…
古株のサポが嘆願書を出していた。

サポはウイルス騒動が終息した時、選手達がしっかりと試合に集中できるようにグッズやスポンサーの商品を買って、見守るしかない。


少し前だけど、コンサドーレ札幌では選手側から給料の返還があったとか…
凄く団結してるなぁと思った。
あれだけいろんなアイディアがある札幌でもお金がないのか…。
野々村社長が10月にはお金無くなると言ってた。


あと気がかりはサガン鳥栖が20億の借金があるとか…アルビにいた選手やコーチがたくさんいる鳥栖。
心配だけど、サガン鳥栖は以前にも破産からの逆転復活をした時代があった。
だから本当に鳥栖サポには頑張ってほしい。

有名チームみたいに巨大なスポンサーが無い地方クラブは、なくなってしまうかもしれない。でも心の拠り所になってるチームがなくなるなんて考えられない。

どこのサポもがんばろ!