月別アーカイブ / 2019年01月

仲間がいるってありがたい。
自分以外にもたくさん、推し選手を応援してくれてる仲間がいる。

年齢も性別も応援し始めたキャリアも現状も違う。
みんなそれぞれに仕事や家庭、応援に行くお金の工面に悩み、体調を崩した時でもアウェイをなんとかしたい!と思っていた。
アウェイはお金がかかる。
有休は使い果たした、もう行けないかも…と何度も思っただろう。

それでもやっぱり、推し選手の笑顔が見れるなら、サッカーをしてる姿を見れるなら、とスタジアムや練習場に行く。

サッカー選手の現役でいられる時間は短い。だいたい30半ばで引退する。
_var_mobile_Media_DCIM_110APPLE_IMG_0700.JPG
福岡からオファー来なかったら引退していたかもしれない推し選手、菊地直哉。

確かに怪我がちで昨年はほとんどピッチに立ってない。

オフには美人で華奢なお嫁さんを披露していた。
新婚なのに旦那が無職は辛い。
なかなかオファーが来ない日々に、大丈夫!私がなんとかする!と新妻は言っただろう。

それでも現役と指導者では収入が違う。
どこのチームの指導者になるか?でも違う。
コーチはカテゴリーによってどこへ会いに行けばいいのか、わからない。


だから今のうちに、選手でいるうちに自分も元気でいるうちに会いに行こう。

いつまでもいると思うな親と推し。

昨日、嵐が活動休止発表して驚いたが、今日ネットで誰かが言っていたな、ほんとそう。

去年ALS患者にになった訳だが、昨日久しぶりに出勤した職場の工場長。
月の半分は通院でリハビリ、入院も10日くらいする。
なので会社にはほとんど来ない、来ても午前中だけとか。
でも工場長代理も決まってなくて、いつも補佐をしてるKさんがなんでもやってくれてる。
本社が東京なんだが工場長が、もう無理です、と言わなければこのままなんだろうか…

工場長は中肉中背だったのが、かなり猫背で摺り足になり肩の筋肉が落ちた。
手足の冷えもあり物凄い着ぶくれ。でもまだ自力で歩けるから頑張ってるの思う。
病院、家で、疲れるから寝てばかりらしいが。
YQtOpdE_MV.jpg
今は毎月の給料支払日に明細書を従業員に朝礼時に配る為だけに、出勤する感じ。


来月からまた入院検査、3月には胃ろうの手術をする。
手足の他に、噛んだり飲んだりする筋肉も衰えてくる。
指も固まる、歩けなくなる、誤嚥もある。
_var_mobile_Media_DCIM_110APPLE_IMG_0686.JPGこの状況を主人に伝えたら、口から食べれないなんて考えられない。気が狂うかも、と。

神経が筋肉への伝達をしなくなると、どこも自力で動かせない。


少し前に、僕のいた時間というドラマがあった。ALS患者になった青年と恋人の話。年齢は関係なく発症する時があるんだ。
もっとちゃんと見ておけばよかったな…

おとといのアジアカップ、韓国vsバーレーン。
2-1の決勝点はキムジンスだった。

アルビサポには懐かしくて嬉しい名前。
2012年奇跡の残留をした時、アウェイ仙台戦のゴールは忘れられない。

19歳でアルビに来て、ドイツへ挑戦したけどイマイチで、帰国。Kリーグに戻ってきていた。


今季戻ってきた韓国選手と言えば、チョヨンチョル。兵役も終わって結婚して、また新潟に。

ジンスもいつか戻って来てくれたらな。


戻って来たくなるような街、チームでありたいね。


↑このページのトップへ